保険営業 話を聞いてもらえる営業と門前払いされる営業の違い

営業はなかなかお客さんに話を聞いてもらえない、断られてばかりで辛いという話をよく聞くかと思います。

確かに、初対面の場合、話を聞いてくれることよりも、まずは断られることの方が多いです。

これは、どの様な営業マンでも同じですから、安心してください(笑)

しかし、その後が、売れる営業と売れない営業では、大きく違ってきます。

売れない営業は、2回目以降も断られ続けることが多く、売れる営業は、2回目以降にどんどん繋げられるのです。

少しずつ、警戒心を解いて、距離を縮め、話せるような仕掛けが出来るんですね。

この違いは何か。

一番大きいのは、

「嫌がられるのか、喜んでいただけるのか」

これが違います。

売れない営業は、お客さんの嫌がることをしてしまいます。

例えば、いきなり商品を売り込んだり、無理に話を進めようとしたり、しつこかったりですね。

これ、誰がされても嫌なものです。

あなたもされる側ならば、嫌ですよね?

自分がされて嫌なことを、お客さんにしてしまっているのです。

これでは売れる訳がありません。

自分がされて嫌なことは、人にしないというのは、幼稚園児でも分かる話なのに、なぜかやってしまう(笑)

その理由は、

「それしか方法を知らないから」

なんですね。

お客さんも嫌だろうと思いながらも、その方法で活動するしかないのです。

売れる営業は、その逆なんですね。

自分がされて嬉しいことを、お客さんにもしているのです。

ですから、お客さんにも信頼されますし、話も聞いていただけるんですね。

喜ばれる営業方法を知っているのです。

その様な方法で活動するには、何度もお話しているように、お客さんの立場にたって考えることが大切です。

何をしたら嫌がられるのか、何をすれば喜んでいただけるのか、真剣にお客さん目線で考えてみてください。

きっとヒントが見つかりますよ。

また、マニュアルでは、お客さんに心から喜んでいただける活動方法もお教えしております。

一気に距離を縮め、好感を持っていただける方法な上に、すぐに使えるテクニックですから、早速使ってみてください。

この方法、本当にお客さんに喜ばれることを実感出来ますよ。