保険営業 要注意!ここを勘違いすると嫌われるだけです。

昨日は今年初の新人研修でした。

皆さん緊張気味でしたが、やる気に満ちています。

不安も多いかとは思いますが、しっかり決意表明してくれましたので、きっと頑張れると思います。

やはりまわりの営業さんに刺激をもらえるということは、モチベーションの維持には大切ですね。

昨日は、そんな新人さんに、大切な基本を一つ、お話しさせていただきました。

営業の基本は、

「商品を売り込むのではなく、自分を売り込む」

ということです。

このブログでも、何度もお話ししていることです。

売れない営業さん、お客さんに嫌がられる営業さんは、行動が商品の売り込みになってしまっています。

頭では理解しているつもりでも、なぜか行動は売り込みになってしまう。

お客さんの一番嫌がることは、必要だと思っていないものを、しつこく売り込まれることです。

これは、お客さんの立場になって考えれば、お分かりになるかと思います。

では、どの様な活動をすれば良いのか。

「あなたの出来ることを、お知らせに行ってください」

そして、同時に、

「情報提供という形で、お客さんの必要だという気持ちを育ててください」

この2つが基本です。

「私は保険の見直しをして、無駄な保険を削り、最適な保険選びのお手伝いをさせていただいております。

本日は、この様なチラシを一枚お持ちしましたので、ご覧になって見てください。

何かお手伝い出来ることがございましたら、こちらまでお気軽にご連絡ください。」

この様な感じです。

これを、

「この様な医療保険をご紹介しております。

この医療保険について、ちょっとご説明させていただいてもよろしいですか?」

何てお話ししてしまうと、すぐに「結構です!」が飛んで来るわけです(笑)

一度嫌な気持ちをさせてしまうと、次回会ってくれなくなってしまいます。

あくまでも、「お知らせ」するということを頭に置いて、活動して下さい。

これは新人さんに限らず、なかなか見込み客が増えないという方にも、振り返っていただきたいことです。

あなたの活動、売り込みになっていませんか?

もしも売り込み臭くなっているのならば、お知らせに変えてくださいね。

こちらの記事も、併せてご覧になって見てください。