保険営業 要注意!お客さんへの電話で、これは厳禁です。

今日は、お客さんへ電話した際に、絶対にやってはいけないことについて、お話しさせていただきます。

実は先日、担当さんにちょっとお話ししたことがあります。

よく連絡があるのですが、私もお客さんとお会いしていることが多く、なかなか電話に出ることが出来ません。

これは申し訳ないことなのですが、この担当さん、留守番電話にメッセージを残しません。

これ、もしかしたら、お客さんにもやってしまっていませんか?

電話に出られない方の留守番電話に、メッセージを残すというのは、当たり前で、最低限のマナーです。

いくら留守電でお伝え出来ない内容でも、「どの様な要件で連絡したのか」「またお電話させていただきます」というメッセージは、残しておかなければなりません。

メッセージも残っていない場合、お客さんは、「何の用件だろう?」と、ずっと気になってしまいます。

そして、「着信履歴が残っているんだから、そっちから連絡しろってこと?」なんて思うかもしれません。

もの凄く失礼なことですし、信用も失います。

また、お客さんは、あなたの電話番号を登録していないかも知れません。

ですから、「誰からの電話だろう?分からないから出ないでおこう」と、なります。

メッセージを残しておけば、次は出てくれますが、残しておかなければ、次も同じく出てくれません。

ですから、お客さんの留守電には、必ずメッセージを残して下さい。

着信履歴だけ残して、メッセージを残さないというのは厳禁ですから、ご注意ください。