保険営業 要注意!「何とかなるだろう」は、何ともなりません。

今回は、残念ながら保険営業を辞めて行くことになるパターンの一つについて、お話しさせていただきます。

保険営業を始めたが、長く続けられない、わずかな期間で辞めてしまうという方が多いことは、皆さんご存知かと思います。

わずか1年で半数が辞めて行くとも、5年続けられるのは数パーセントとも言われております。

これは私の経験上ですが、保険営業を辞めて行く方々のパターンは色々ありますが、ほとんどの場合、危機感の薄さが原因だと思います。

「自分には合わないから辞めよう」というのではなく、ダラダラ続け、辞めざるを得ない状況になってしまうという方が多いのです。

これ、絶対に予想出来たはずなのです。

見込み客もなかなか見つからないし、紹介も増えないが、これから何とかなるだろう、何て思いがどこかにあるんですね。

何の根拠もないのに、大丈夫だろう何て逃げてしまうのです。

「何とかなるだろう」は、何ともなりません。

保険営業は、毎日、毎月、見込み客を増やしながら、数字をあげ続けなければなりません。

この流れを作れないと、絶対に上手く行かなくなります。

見込み客を増やし、そこからご契約いただき、満足していただく。

満足して下さったお客さんからご紹介いただき、そのお客さんからも満足いただき、ご紹介いただく。

この流れを作れないと、保険営業での成功は有り得ません。

一見地味な活動の連続の様ですが、この着実な活動が、必ず実を結びます。

この活動も、正しい方法で、継続して行うことが大切になります。

何もせずに、奇跡的な大きなチャンスを得ることなどありません。

そこから一気に流れに乗ることもありません。

偶然で成功できる仕事ではないのです。

ですから何度も、中途半端な気持ちと行動、方法では続けられないとお話ししてまいりました。

大切なことですから、しっかり考えて見てください。

あなたの今の活動、今の方法で、これから先、続けられそうですか?

このまま活動して、これから先も結果を出して行けますか?

もしも自信がないのならば、大丈夫だろうという逃げの考えは捨ててください。

もう一度お話しさせていただきますが、ダメなものをダメなまま続けても、絶対に上手く行きません。

何とかなるだろうは、何ともなりません。

本当にやらなければならないことを、真剣に考えてください。

売れない現状を手っ取り早く、そして大きく変えるには、方法を変えるのが一番です。

方法はこちらで全てお教えいたしますから、すぐに取り組んで見てください。