保険営業 紹介が増えない方は、これをしっかり行っていますか?

今日は、紹介がなかなか増えないという方に、振り返っていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

これまで何度も、紹介に必要なのは、「お客さんの満足」が大切だとお話しさせていただきました。

お客さんがあなたに満足していなければ、誰かに紹介しようとは思いません。

ですから、まめなフォローや、気遣いのある行動などで、まずはお客さんに満足していただくことが必要です。

ただ、これだけでは、十分ではありません。

一生懸命にお客さんのために頑張っているが、紹介が増えないという方は、あることが足りていない場合が多いのです。

それは、

「紹介が欲しいということを伝える」

ということです。

単純な話、お客さんに紹介して下さいとお話ししていないんですね。

お客さんは、紹介が欲しいということを言われないと、なかなか進んで紹介しようとは思わないのです。

ただ、紹介が欲しいとお伝えしていれば、何かの切っ掛けで、紹介して上げようと思うのです。

例えば、お友達とお茶を飲んでいて、たまたま保険の話や節約の話になったとします。

その際に、あなたの話をしてくれるのかということです。

「だったら良い保険屋さんを紹介しようか?」

という話になるのかどうか。

これは、お客さんに紹介が欲しいと伝えている方が、圧倒的にチャンスが多いんですね。

わざわざ紹介出来る方を探してくれなくても、何かの切っ掛けであなたの話をしていただける。

これが重要です。

また、紹介が欲しいとお話しすると、嫌がられるのではないかと思う方もおられるでしょう。

紹介が欲しいとお伝えするだけでは、お客さんに嫌がられることはありません。

もちろん、あなたに満足していた場合です。

お客さんが嫌がるのは、無理に紹介をお願いされることです。

誰だってそうですが、無理にお願いされたり、グイグイお願いされれば嫌な気持ちになります。

ですから、無理に紹介して下さいとお願いするのではなく、紹介が欲しいということをお伝えするようにしてください。

例えば、

「〇〇さん、保険の仕事というものは、お客さんとの繋がり、紹介が欠かせません。

もしも私がお力になれる、〇〇さんのお知り合いがおられましたら、ぜひご紹介下さい。

精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。」

この様なことをお話ししていれば、お客さんの印象に残ります。

サラッとお話ししているだけですから、嫌な気持ちにもなりません。

紹介をいただくには、

・ お客さんの満足

・ 紹介をいただくための仕掛け

これが大切ですから、しっかり頭に置いて行動していただければと思います。