保険営業 簡単ですが、これだけで好感度は大きく上がります。

GWで長くお休みを取られた方は、今日が連休明けのスタートかも知れません。

しっかり頭を切り換えて、波に乗って下さいね。

私はお陰様で、連休中も何件かご面談いただき、ご契約も数件いただけました。

ですから、もう完全に頭は仕事に切り替わっております(笑)

あとはお盆休みまで、どれだけ数字をあげられるか挑戦です。

さて、GWも終わりましたが、休み明けから何かやろう!変えよう!と思ったことはありますか?

連休前の数字が思わしくなく、結果も出せていないという方は、何かを変えなければ、いつまで経っても売れないままです。

ですから、連休明けは、何かを変えるために踏み出す、良いチャンスだと思います。

結果を変えるには、方法を変えるか、行動量を増やすしかありません。

行動量を増やす増やさない、いずれにしろ、重要なのは方法です。

ベストは、売れる方法で、しっかり活動することですからね。

正しい方法、売れる方法を身につけたうえで、活動量を確保することが大切です。

そんな方法ですが、一つお手軽なものを、ご紹介いたします。

簡単ですが、好感度が大きく上がります。

これは、先日私が実際に行った面談での話です。

お客さんに、

「加藤さん、麦茶で大丈夫ですか?」

と言っていただきました。

この様な場合、

「あ、大丈夫です、ありがとうございます」

とお答えになる方は多いかと思います。

普通の返しですよね(笑)

可もなく不可もなくですが、可もなく不可もなくって、実はもったいないです。

一言加えるだけで、グッと親近感や好感度が上がることもあるんですね。

私がお話ししたのは、

「実は麦茶が大好きなんですよ!子供のころから麦茶で育って来ましたので、ちょっと暑い日には最高です(笑)」

この様なことです。

たったこれだけですが、お客さんは喜んでくださいますし、親しみを持ってくれます。

その会話から、

「私も子供のころから麦茶はよく飲んでいましたね~。ヤカンで母が作ってくれるんですよ」

なんて話が続きました。

この様な雑談は、お客さんとの距離を縮めるのに有効ですから、たった一言加えるだけで、どれだけメリットがあるか、お分かりいただけるかと思います。

他にも、この様なシーンはよくあります。

「お茶とコーヒー、どちらが良いですが?」

ここで、「どちらでも大丈夫です」何て言っては、もったいないです。

「実は私、コーヒーが大好きなんです。コーヒーをいただいてもよろしいですか?」

と答えた方が、その後の会話が続けやすいですよね?

「○○さんも、コーヒーはよくお飲みになるんですか?」

「コーヒーには抗酸化作用があって、がんの予防にも良いという話があるんですよ~」

何て話を続け、距離を縮めることも出来ます。

この様な会話のきっかけを作るためにも、一言加えることを習慣にして見ましょう。

こんな簡単なところから、まずは変えて見ましょう。

何もしなければ、何も変わりません。

しかし、小さなことでも変えて行けば、結果は変わるものです。

もちろん、本気で変わる決意をし、全て正しい方法に変えて行動に移せば、これだけ短期間で大きく変わることも可能ですよ。

折角変わる決意をしたのならば、一気に変わる方が、ずっと良いですからね。