保険営業 私が駆け出しの頃に意識していたこと

11月も半分が過ぎましたね。

毎月思いますが、本当にあっと言う間に1ヶ月が過ぎます。

特に12月になると、一瞬で正月になってしまいますから、出来るだけ今月中に出来ることをやってしまいたいですね。

本題です。

たまにこの様なご相談をお受けします。

「私は口下手ですし、営業に向いていないのだと思います」

「私はあがり症で、営業には向いていないのではないでしょうか?」

この様に思っている方は、結構多いかと思います。

実はというと、私もこの仕事を始めたころは、自分は営業には向いていないだろうと思っておりました。

その理由が、人と話すことがあまり好きではなかったからです。

人と話すことを、面倒だとさえ思っておりました(笑)

今振り返ると、人と話すことに慣れていなかったため、その様に思ってしまったのでしょう。

しかし、そんな私でも、ここまで来ることが出来ました。

それは、あることを意識していたからだと思います。

そのあることとは、

「どうしたらお客さんに喜んでいただけるだろうか?」

ということです。

これをいつも考えて、行動しておりました。

そうすることで、自然とお客さんと会話することが増え、会話にも慣れて行きました。

門前払いされることも少なくなって、毎回お客さんと会話出来るのです。

恐らくこの考えがなければ、ここまで来ることは出来なかったと思います。

口下手だから、あがり症だから営業に向いていないかというと、そんなことはありません。

新人さんでも、多くの方が最初は口下手ですし、あがってしまいます。

しかし、数をこなせば慣れて来ます。

本当に営業に向いていない方というのは、

・ 自分のことだけで、お客さんのことを考えていない方

・ 嫌なことから逃げ、行動しない方

です。

スキルは後からいくらでも上げられますからね。

まずは上手く話そうとしなくても結構です。

ガチガチに緊張してしまっても大丈夫です(笑)

それよりも、何をすれば喜んでいただけるのかを考えて見てください。

お客さんの立場で考えて、自分がされて嬉しいこと、喜ぶこと、役に立つことを、お客さんにしてください。