保険営業 注意!見込み客のストックが多いからと油断していませんか?

今日はチビを連れて遊びに行ってまいります。

桜も咲いて来ましたので、花見がてら公園でボール遊びでしょうか。

その後は、せめてもの家族サービスということで、何か美味しいものでも食べて来たいと思います(笑)

本題です。

今月も残りわずかですが、進捗はいかがでしょうか?

まだ目標達成出来ていないという方は、最後まで全力で追ってください。

無理そうだからと諦めてしまうと、諦め癖や逃げ癖がついてしまい、これからも同じことを繰り返してしまいますから、注意して下さい。

最後まで追って、それでも足りなかったのならば、来月足りなかった分を挽回する計画を立てて下さいね。

負けっぱなしは絶対にダメです。

そして、既に達成出来ているという方。

今月はノルマ達成出来たから、今ストックしてある見込み客は来月で良いや、何て思っておりませんか?

この癖も、要注意です。

我々営業は、ノルマ達成のために頑張っているのではありません。

出来るだけ早く、出来るだけ多くの数字をあげるために頑張っているのです。

歩合色の強い営業職ですから、最低限のノルマ何て目指していたら、いつまで経っても並以下になってしまいます。

何度もお話ししておりますが、ノルマ何て、自分の立てた目標を追っていたら、気づかないうちに達成していたという状況にしなければなりません。

行けそうな見込み客、案件は、行けるうちに取り切りましょう。

また他にも、行ける案件は行けるうちに取り切る、大切な理由があります。

それは、お客さんが冷めて来るからです。

自分はしっかりお客さんの必要性を育てたので、いつでも行けると思っていても、実はお客さんの中で、必要性や優先順位が下がって来ているということがあります。

お客さんの「必要だ!」という気持ちは、時間経過とともに冷めて来ると言うことを、しっかり頭に置いて下さい。

ですから、鉄は熱いうちに打てではありませんが、行ける案件は行けるうちにと言うことが、大切なんですね。

来月以降に回そうと思っているお客さんがおりましたら、出来るだけ早くアポを取って、ご契約いただいて下さいね。

これをしておくと、お客さんの熱は冷めにくくなりますよ。