保険営業 注意!自分で折角のチャンスを潰してしまいます。

今日は、日頃の営業活動で注意しなければならない、大切なことについて、お話しさせていただきます。

これは、本当に常に頭に置いていないと、自分で折角のチャンスを潰してしまいますから、要注意です。

例えば、この様な場面を想像して下さい。

お客さんとの面談になり、商品の提案なども出来た。

良い感じで話も進んだ様に思えたが、残念ながら契約には至らなかった。

この後の行動で、チャンスをものに出来る営業さんと、逃す営業さんに大きな違いが出ます。

チャンスを逃す営業さんは、ここで、ただ残念と思い、次に繋げることを止めてしまいます。

成約にならなかったからと、見込み客から外してしまうのです。

面談まで進めたということは、お客さんも興味、関心があったからです。

しかし、何らかの理由で、契約はしなかった。

この問題を取り除けば、まだまだご契約いただける可能性があるのです。

しかし、ここで追うことを止めたら、繋がりが切れてしまいます。

チャンスをものに出来る営業さんは、絶対にここで繋がりを切りません。

その問題が何なのかを考え、取り除こうとする頭があるのです。

さらに、次回もお会い出来るよう、自分のことを忘れられないよう、しっかり仕掛けが出来ています。

例えば、面談後のお礼のハガキもそうです。

契約にならなかったからと、そのまま放置しては、お客さんはあなたのことを忘れてしまいます。

何の好感も持ちませんし、印象に残りません。

しかし、次の日にあなたからのお礼のハガキが届いたらどうでしょう?

お客さんからすれば、あなたに好感を持ちますし、誠実さも感じます。

グッと印象に残りますよね。

ですから、今回は契約はしなかったが、契約するタイミングになった際には、あなたのことを思い出し、連絡をくれるわけです。

売れない営業さんは、「今」しか見ていません。

売れる営業さんは「先」も見ているのです。

お客さんは、今は必要なくても、「いつ」必要だ、契約しようと思うか分からないものですからね。

これは、とても大きな差になります。

今しか見ずに、自分で折角のチャンスを潰さないでください。