保険営業 注意!新人さんがしてしまいがちな、飛び込み営業の悪い例

今回は、新人さんがやってしまいがちな、飛び込み営業での悪い例を一つ、お話しさせていただきます。

多くの方は、飛び込みに苦手意識を持っています。

頑張って踏み出しても、緊張や恐怖心から、まともに話しも出来ずに帰って来ることが多いものです。

インターフォンを押しても、出来れば留守であってくれ!なんて願ってしまう方もいるんですね(笑)

ただ、中には逆に、話す気満々、売る気満々という方もおられます。

この様な方に、ご注意いただきたいことがあります。

一度に決めようと、グイグイしつこく詰めないでください。

飛び込みの最終目標は、当然ご契約いただくことです。

しかし、ご契約は、結果的について来るものです。

訪問する目的は、自分を覚えていただき、必要だという気持ちを育てることです。

このお客さんを育てると言うことは、1度で出来ることの方が珍しいんですね。

ですから、何度も訪問し、少しずつ育てて行くのです。

しかし、飛び込みで上手く行かない方は、ちょっとでも話を聞いてくれるという雰囲気になると、どこまでも詰めようとするんですね。

1度で面談に持ち込み、契約まで持って行こうとするのです。

お客さんの中で、興味も必要性も高くない状態で話を詰めたら、もう不快でしかないのです。

もう次は、話を聞いてくれなくなります。

もちろん、お客さんが話を聞きたいという状態ならば良いのですが、興味が薄い状態では、マイナスにしかなりません。

飛び込みでは、1回で決めようとしなくても結構です。

むしろ、小分けに情報提供し、お客さんとの接触回数を多くしてください。

接触回数が多いほど、お客さんはあなたに好感を持ち、距離が縮まります。

「営業は押しが命!」なんて言っている営業さんは、きっと売れておりません。

そんなグイグイ詰めて来る強引で売り込み臭い営業、任せようとも紹介しようとも思いませんからね。

わざわざ嫌われに行く様なものです(笑)

こちらも飛び込みでは非常に大切で、使えるテクニックですから、併せてご覧になって見てください。