保険営業 注意!思わぬ大きなトラブルになります。

今日は、日頃の活動で、私たちが注意しなければならないことについて、お話しさせていただきます。

昨日のことですが、ある方と話したのですが、とても会話で気になったことがあります。

「そうだったと思います」「多分、そうです」「そうだと思います」

この様な返答が多いのです。

これ、友人との会話でならばまだしも、お客さんとの会話ではいけません。

例えば商品内容や告知、その他の重要事項などは、絶対にあやふやな返答をしてはいけません。

思わぬ大きなトラブルになります。

分からないことや、自信のないことは、必ず調べてからお話しして下さい。

「そうだったと思います」とあやふやに答えるのではなく、「申し訳ございません、間違いがあるといけませんので、確認させていただきます」という様にお話しし、調べてからお答えするのでも良いでしょう。

例えその場でお答え出来なくても、あやふやに答えられるより、お客さんは信頼してくれますからね。

お客さんのためにも、また、自分を守るためにも、答えは正確にということを意識して下さい。

また、分からないことは、宿題とさせていただくことも有効です。

正確な答えをお伝え出来るだけではなく、こんな効果もありますよ。