保険営業 注意!初回面談でこれをやってしまうと、警戒心が一気に上がります。

連休明け、また飛ばして行きましょうね。

私は4件の面談が入っており、忙しくなりそうです。

さて、その面談ですが、もしかしたら、この様なことをしてはいないでしょうか?

席に着いて、挨拶もそこそこにパンフレットや資料をテーブル一杯に並べる様なことです。

あれも提案したい、これも提案したい。

お客さんの要望に応えられる様に、資料は沢山用意しておこう。

この様な考えからのことだと思いますが、実は逆効果になります。

これ、お客さんの立場になれば分かります。

ろくに話もしていない、聞いてもらってもいないのに、パンフをズラッと並べられたら、どうですか?

「うわ、売る気満々だ・・・」なんて思いませんか?(笑)

そんな売り込み臭さを感じると、一気に警戒するんですね。

さらに、「うわ、今からこれを全部説明されるのかな・・・」

なんて思ってしまい、集中出来なくなります。

ですから、いきなりパンフや資料を並べてはいけません。

まずは、お客さんのニーズを引き出すためにも、話を聞くことに専念して下さい。

十分にお客さんに話をしていただき、お客さんもちゃんと要望を聞いてもらったと感じていただく。

その後、「○○さんのお話をお聞かせいただき、保険のプロとしてご提案させていただきます」と言って、要望に応えられる保険のパンフなり、資料を出せば良いのです。

その方が散らかりませんし、片付けも楽です(笑)

お客さんの警戒心や抵抗も上がりませんし、話にも集中しやすくなります。

初回面談では、商品をお勧めするよりも、お客さんに言いたいことを言っていただき、要望をしっかり聞いて、そして、自分のことを知っていただくことが大切です。

「自分の話をしっかり聞いてくれて、的確なアドバイスや提案をしてくれる、信頼出来る営業だ」と思っていただければ、他に自分の保険を任せようとは思わなくなりますからね。

まずは会話で、距離を縮めましょう。

その際にぜひ使っていただきたい、とても有効な話法は、こちらで沢山お教えしておりますよ。