保険営業 注意!偽物は所詮偽物です。身になりません。

以前から、この様なメッセージをたまにいただきます。

「加藤さんの記事、パクられていますよ」

「加藤さんの書かれた記事と同じものを見ました」

というものです。

そのサイトのアドレスも一緒に書かれているのですが、見てみると、本当でした(笑)

完全コピーの記事や、ちょっとだけ言い回しを変えたものまで、結構出回っているんですね。

ちなみにコピペの場合、結構分かりやすいんです。

ネットに限っての私の文章の書き方は、読点を多くしてあります。

「、」ですね。

これは、読んでいる方が読みやすいように、意図的にその様にしてあります。

パソコンの画面で見る際、ずらずらと文字が繋がっていると、本などで見るよりも、読み難いんですね。

ですから、普通に文章を書いている場合にはつかない場所にも、読点をつけております。

これをコピーしてしまうと、バレバレですよ(笑)

また、いつも私のブログを読んで下さっている方から見れば、いくらちょっと言い回しを変えたとしても、私の記事の真似だということも、きっとばれていますよ?

共感出来ることや、これは良いな、ということを自分なりに取り入れ、自分の言葉で書くのは良いでしょう。

私の記事だって、尊敬できる先輩営業さんに教えていただいたことが沢山あります。

しかし、それらはしっかり自分で理解し、解釈し、自分の言葉で書いております。

絶対に記事のコピーなどはしません。

そんなことをした時点で、私自身の価値が下がってしまいます。

そんな他人の記事をコピーして、さも自分の書いたものの様に振る舞う人間から、何か学びたいですか?

そんな方から教わるノウハウや、お勧めされるマニュアルなど、信用出来ますか?

偽物は、所詮偽物です。

得られるノウハウも、所詮どこかから集めて来たものでしょう。

絶対に自分で経験して来たことや、学んで来たものではないでしょう。

ですから、全く身になりません。

そんな方々ですから、放っておいても勝手に消えて行くでしょう。

人の記事を真似していても、いつか書くことも無くなってしまいますからね(笑)

私の記事に限らず、他人の記事をコピーしている方。

別に目くじら立てて、「真似するな!」何て言いませんが、分かる方が見れば、もうバレバレですよ?

「こんな凄い実績があるんです!」「私はこんなに売れる営業なんです!」と言っていることすら、滑稽に見えてしまいます。

もしも本当に実績があり、恥じることの無いノウハウをお持ちならば、しっかり自分の言葉で伝えてください。

嘘で塗り固めても、絶対に長続きなどしませんよ?