保険営業 注意!チャンスを拾えない大きな原因

今日は、営業という仕事をする上で非常に大切な、「チャンス」について、お話しさせていただきます。

保険営業に係らず、営業という仕事には、必ずチャンスというものが絡んで来ます。

このチャンスというものは、大きなものから小さなものまで様々です。

また、気づかないうちに拾えてしまうチャンスもあれば、見つけようとしなければ見えないものまであります。

このチャンスをいかに多く掴めるか。

これが営業で成功するためには欠かせないと、私は考えております。

これまで何度も、この様なチャンスは、外に出て動かなければ拾えないとお話ししてまいりました。

会社内や事務所にいては、これらのチャンスは拾えません。

ですから、チャンスを拾うために最も大切なのは、「活動量」になります。

そして、同じく大切なのは、

「チャンスの拾い方」「チャンスを見つける目」

つまり、方法なんですね。

例えば、今回は面談で考えて見ましょう。

医療保険に加入したいというお客さんがいたとします。

あなたは医療保険の必要性や商品の説明をし、お客さんもあなたの話に納得し、契約していただいた。

ここで、チャンスを見つける目と、チャンスの拾い方を知らないと、チャンスを見過ごしてしまうんですね。

お客さんがあなたの説明に納得したということは、少なからずあなたに満足していますし、信頼もしています。

やっぱり専門家だね、という思いがあるのです。

役に立つことを話してくれると思っているのです。

ここでただ、ありがとうございましたと帰って来るのは、勿体ないと思いませんか?

ですから、この様な話をして見ましょう。

「○○さん、私のお話はお役に立ったでしょうか?

お役に立ったのならば嬉しいです。

もしよろしければ、今度はがんの現状について、ちょっとお話しさせていただけませんか?

ちょっとショッキングかもしれませんが、知っておいて損はないと思います。

決してがん保険どうですか!というお話ではありませんので(笑)」

この様な話をすれば、お客さんに関心を持っていただけるかも知れません。

関心を持っていただけないかも知れません。

しかし、お話しすることで、拾える拾えないは別として、チャンスは見つけられているのです。

話さなければ、見えないチャンスなんですね。

ですから、「医療保険をご契約いただけたし、もう良いか」「医療保険を必要とされていたのだから、がん保険は興味ないだろう」何て思っていたら、このチャンスは拾えないんですね。

「一つ話す」

これもチャンスを拾う方法なのです。

チャンスを拾うには、経験も必要です。

チャンスを見つける目、嗅覚は、経験で得られます。

ですから、またここに戻りますが、「活動」が最も大切なんですね。

チャンスは至る所に転がっております。

どんどん外に出て、探して見てくださいね。

ちなみに今回のお客さんとの話の例ですが、一つ大きなポイントがあります。

そのポイントについては、こちらをご覧になって見てください。