保険営業 注意!アポのキャンセルが多い方は

今日は、折角アポを取っても、キャンセルが多いという方に、しっかり頭に置いていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

キャンセルが多い方には、この様な原因があります。

・ アポの印象付けが弱い

・ アポを取ってから放置している

というものです。

例えば、アポ取りの際に、

「いつでも大丈夫です。いつがよろしいですか?」

この様なことを話してします。

これをやってしまうと、お客さんは、いつでもアポを取れて、いつでも簡単に断れると思ってしまうのです。

ですから、アポの優先順位が、どんどん下がってしまうんですね。

そうではなく、アポ取りは、

「明後日の午前10時ならばお伺いできますが、いかがでしょうか?」

という様に、自分から日時を指定して下さい。

そうすると、お客さんは、自分のために時間を取っていると思うんですね。

ですから、気軽にキャンセル出来ないという意識が出るのです。

この様な印象付けが、アポのキャンセル率を下げます。

また、アポが取れたからと言って、そのまま何もせずに放置してしまう方も、キャンセル率が高くなります。

ですから、アポを取り、約束の日まで時間がある場合には、必ず途中連絡を入れてください。

電話をする場合には、

「○○さん、お約束通り、明後日の午前10時にお伺いさせていただきます。

お話し出来ることを楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。」

この様なことを話し、しっかり印象付けします。

ハガキなどでの連絡も同じです。

わざわざハガキで連絡をくれたという印象が、キャンセルしてはならないという意識になります。

この2つを改善するだけでも、キャンセル率は下がります。

基本ですが、とても重要なことですから、しっかり覚えていただければと思います。