保険営業 注意!よくあるこの話法、お客さんに嫌がられます。

7月も最終日ですね。

既に目標達成している方も、まだ達成出来ていない方、達成が厳しいという方も、今日やれることを、全力でやりましょう。

もう無理だと行動を止めてしまうと、それが癖になってしまい、何でも簡単に諦める様になります。

この癖は、営業にとって致命傷ですから、気をつけてくださいね。

本題です。

今日は、営業書籍などでもよく言われる、ある話法について、お話しさせていただきます。

この様なことを、見聞きしたことはありませんか?

「お客様、それではその問題を解決出来れば、ご契約いただけますか?」

お客さんが契約、購入しなかった理由を潰し、契約まで誘導する。

このお客さんが抱える問題点を、一つずつ改善して行くことは、大切です。

契約に踏み切らなかった理由をお聞きし、改善して行けば、断る理由、踏みとどまる理由はなくなりますからね。

しかし、「問題解決出来たら、契約してくれますか?」という話法はいけません。

何気ない一言の様ですが、お客さんからすれば、グイグイ詰められている様で、不快なのです。

「さあ!これで問題がなくなったのですから契約して下さいよ!」と言っているのと同じですからね(笑)

そうではなく、「他にも気になることはないですか?よろしければ、ご契約のお手伝いをさせて下さい」という意識でいましょう。

契約するかどうかは、お客さんが決めることですからね。

極端な話、商品にも満足し、契約に何の問題もないが、その営業が嫌いならば、お客さんは契約しないわけです。

「解決出来たら契約してくれって、なんであんたにそんなこと言われなければならないの?」なんて思われたら、ご契約いただけるものも、ご契約いただけなくなります。

お客さんを詰める様な話は、絶対にいけません。

よく聞く話法ですが、これはマイナスになることが多いですから、気をつけてください。

お客さんを不快にさせるのではなく、この様なことを言っていただける面談、プランニングをして下さいね。