保険営業 注意!こんなことをしていれば上手く行きません(笑)

今日は、飛び込みなどでも、なかなかお客さんが育てられないという方に、しっかり頭に置いていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

飛び込みの初回訪問で断りを受けるのは、ある程度仕方のないことです。

これは、誰がやっても同じです。

初回訪問での断りの原因は様々ですが、最も大きな原因が、お客さんの警戒心です。

誰だかわからない、何者か分からないスーツ姿の人間がいきなり訪ねて来るのですから、誰でも警戒します。

まずは、この警戒心を解いて、あなたのことを知っていただくことが大切になります。

ここで、お客さんを育てられない方が行ってしまうのが、売り込みなんですね。

これまで何度もお話しして来ましたが、お客さんが最も嫌がるのは、必要だと思っていないものを、しつこく売り込まれることです。

これをしてしまうと、お客さんはもう会ってくれなくなります。

嫌なことをされたのですから、当然ですよね。

そうではなく、情報提供という形で、何度も足を運び、接触することが大切なのです。

少しずつ自分のことを覚えていただき、距離を縮めます。

お客さんの必要だという気持ちを育てながら、自分のことも覚えていただくという活動をします。

これは、恋愛で例えると分かりやすいです。

初回訪問から売り込みをしている方というのは、いきなりプロポーズしているようなものです(笑)

相手はあなたのことを知らないのに、結婚して下さい何て言っても、上手く行きませんよね。

まずは自分のことを知っていただかなければ、進展しません。

何度も会って、少しずつ仲良くなって、仲を深めてからプロポーズしなければなりません。

何をするにも、タイミングというものがあるのです。

飛び込みも同じです。

ただ、極稀に、一目惚れでいきなりプロポーズ成功!があるのが、飛び込みの面白い所でもあります(笑)

しかし、これはなかなかありませんので、安定した数字をあげるには、やはり多くのお客さんを育てて行くことが大切になります。