保険営業 注意!これが決まっていないと信頼感ダウンです。

外回りには最高の季節になって来ましたね。

これから桜も咲き、ますます気分良く動けます。

梅雨に入るまでに、足を使って、お客さんを増やしましょう。

今回は、特に新人さんや、4月から営業を始められる方にご覧いただきたい記事です。

新社会人の方は、色々と揃えるものが必要で、大変かと思います。

スーツにシャツ、ネクタイに靴、カバンなどなど。

これらが毎日使うユニフォームの様なものですから、何でもいいや、という訳にはいきません。

その様なものを選ぶ基本は、あなたがお客さんの場合、その服装の営業を見て、どの様に思うのかを考えることです。

清潔感があって、好感、信頼感を持てるかどうかが、一番重要です。

新人さんの中には、たまにちょっと変わった服装の方がおります。

街を歩いていても、その格好はホスト?と思わせる方もおります(笑)

格好は良いのかもしれませんが、お客さんは、格好の良さを求めておりません。

むしろ、マイナスに働いてしまうことがありますから、注意が必要です。

また、スーツやシャツ、ネクタイなどは、汚れやしわなどがない様に注意しましょう。

服装が決まっていないと、信頼感が下がってしまいます。

極端な話ですが、しみだらけのシャツに、よれよれのスーツ、埃だらけの靴を履いた営業だったら、ちょっと不安になりませんか?(笑)

この人から買って大丈夫かな?この人に任せても大丈夫かな?

何て思ってしまいますよね。

ですから、身だしなみはしっかりして下さい。

特にお客さんの目が行くのは、首回りです。

首回りが汚れていたり、よれていたり、ネクタイがきちんと結べていなかったり、意外と気になるものなのです。

ですから、スーツやシャツ、ネクタイは結構数が必要になります。

飛び込みメインになれば、靴もすり減りますから、買い替えも早いです。

夏場の飛び込みの場合などは、特にシャツ、ネクタイの数が必要になります。

想像以上に暑いですからね(笑)

高級なブランドものをそろえる必要はありません。

お客さんに不快感を与えない、好感を持っていただける服装を選びましょう。

基本ですが、見た瞬間に大勢が決する営業ですから、気を付けたいとことです。