保険営業 注意!これが出来ていないアドバイスは効果半減です

今日は新人さんの研修ですが、スケジュールの都合上、いつもよりも短い研修になります。

短時間で効率良くお話し出来るよう、ちょっと内容を修正しております。

今日の研修では、前回の研修から活動しての、上手く行ったこと、上手く行かなかったこと、分からなかったこと、出来なかったこと、発見したことなどを、皆さんに話していただき、共有したいと思います。

実際の現場で体験したことを皆さんで共有することにより、他の方もこれから直面するシーンの準備、対策が出来るようになります。

また、私のようなアドバイスをさせていただく立場の者にも、この生の声は大切です。

みなさんが困っていること、悩んでいることが明確になりますので、的を射たアドバイスが出来るようになるのです。

新人さんをグングン伸ばすには、出来なかったこと、上手く行かなかったことなどの原因を、しっかり理解して、その解決策、改善策をお教えしなければなりません。

原因も分からず、ただただ「活動をして来い!」あれをしろ、これをしろでは、伸びません。

アドバイスの効果も半減してしまいますから、まずはしっかりマイナスの原因を見つけることが大切になります。

これは、お教えする側の上司や講師の方が、しっかり意識しておかなければならないことです。

ブログやマニュアルでは、一人一人のお話を伺った上でアドバイスすることは出来ませんので、私がこれまで新人さんの育成をして来た経験のもと、多くの方が抱える悩み、改善すべきこと、やるべきことをピックアップして、お話しさせていただいております。

悩んでいること、困っていることは、共通するものが多いんですね。

そんなことを意識してアドバイスをさせていただいておりますので、この様なご感想をいただけております。

当たり前のことですが、アドバイスで大切なのは「的確」ということです。

根性論や精神論も大切かも知れませんが、やはりこれが一番ですね。

ちなみに上司の方や、お教えする立場の方からは、この様なご感想をいただいております。