保険営業 注意!この様な後悔をしないために、これは常に意識して下さい。

今日は、日頃の営業活動で大切なことについて、お話しさせていただきます。

新人さんも、非常に大切なことですから、しっかり頭に置いていただければと思います。

もしかしたら、この様な後悔をしてしまったことがあるのではないでしょうか?

「話をしておけば良かった!」

「アプローチしておけば良かった!」

ということです。

例えば、そのうち話をして見よう何て思っていて、いざ話をして見たら、先日保険に入ったばかりだと言われたなどですね。

この手の後悔は、結構あるものです。

私もはじめのころは、よくやってしまいました・・・。

これは、単にタイミングが悪かったということで片づけられません。

自分が早く話をしていれば、拾えたチャンスだったかも知れません。

以前から何度もお話ししておりますが、やるべきことを延ばし延ばしにしても、何も良いことはありません。

そのうち~また今度~何て思っていると、大きなチャンスを逃しますから、注意が必要です。

また、この様なチャンスを逃さないためには、

「あなたのことを覚えていただく」

ということが大切です。

例えば、あなたの友人皆さんに、あなたが保険の仕事をしていると覚えていただくということです。

それを知らなければ、当然ですが、ご友人が保険を検討した際に、あなたに連絡が来ることはありません。

しかし、あなたが保険の仕事をしていると覚えていたら、真っ先にあなたの顔が浮かぶでしょう。

この、覚えていただくという活動が出来ているかどうかで、チャンスの数は大きく変わります。

また、友人に話したら嫌がられる何て思っている方がおりますが、考え方が違います。

嫌がられるのは、売り込むからです。

必要のないものについて、話を聞いてくれなんて言われたら、誰だって嫌がります。

覚えていただくといというのは、売り込みではありません。

「お知らせ」するということです。

「今、保険の仕事をしているんだ。

何か力になれることがあったら、いつでも声をかけてね」

この様なことを、お話しします。

これを、

「今、保険の仕事をしているんだけど、今度話を聞いてくれないかな?

良い保険もあるし、君にピッタリの保険を紹介するよ」

こんなことを言われたら、嫌がられて当然です(笑)

「お知らせ」と「売り込み」では、全く違いますからね。

後悔しないためにも、「お知らせ」する活動は、しっかり行いましょう。