保険営業 注意!お客さんはこの様な営業の話は聞く気になりません。

今回は、お客さんは、この様な営業の話は聞きたくない、と言うお話です。

ちょっとお客さんの立場になって、考えてみてください。

あなたの家に営業マンが来たとします。

インターホンを鳴らされたので、玄関を開けてみれば、保険の営業マンが立っていました。

営業マンは挨拶、自己紹介を始め、訪問目的を告げました。

ここまでを想像してみてください。

この時点で、あなたの想像の営業マンの第一印象はいかがですか?

感じが良いですか?

少しは話を聞いてみようと思いましたか?

実は、お客さんは、第一印象で話を聞くか、断るか、瞬時に判断する場合が多いのです。

服装などの見た目はもちろん、態度、仕草などなど、判断する要素は沢山あります。

その中で、知らず知らずにマイナスの印象を与えてしまっている営業さんも多いのです。

例えば、特に新人さんに多いのですが、この様な感じでお客さんと話しています。

「ビクビク、オドオド、申し訳なさそうに、お客さんの顔色をうかがう様に話す」

飛び込みでも、テレアポでもそうです。

お客さんは、この様な話し方、態度の営業から、話を聞こうとは思いません。

理由は、

ビクビク、オドオド、挙動不審 → 売れない営業 → 経験不足 → 任せるのが不安 → 聞く気にならない

申し訳なさそうに顔色をうかがう営業 → 売れない営業 → 経験不足 → 任せるのが不安 → 聞く気にならない

この様に連想するからです。

そもそも、自信なさげに話されたら、何か変なものを買ってくださいとお願いされると思いますよね(笑)

営業は、自信のある態度で、お客さんに接してください。

「私はこの商品に自信を持っています。だからあなたに、自信を持ってお勧めしております」

この様な気持ちが大切です。

この気持ちがあると、飛び込みで断りが続いても、モチベーションが下がり難くなりますよ。

こちらもとても大切なことですから、併せてご覧になって見てください。