保険営業 案内するだけでチャンスはグッと増えます。

● 保険営業 案内するだけでチャンスはグッと増えます。

おはようございます、加藤です。

今回は、普段の活動で、ぜひ意識して取り入れていただきたい、重要なことについて、お話しさせていただきます。

新人さんの活動報告などを聞いていると、目の前にあるチャンスを逃していることが多いと感じることが、多々あります。

例えば、医療保険とがん保険をご契約いただけましたと報告してくれる方に、積み立て型の商品もご案内しましたか?と聞くと、していないのです。

なぜ、その様な商品のご案内をしなかったのかと聞くと、「お金に余裕がなさそうでしたので・・・」と、答えます。

これ、実は自分でお客さんの状況を決めつけてしまい、チャンスを逃す典型的なパターンです。

ちょっと考えればお分かりいただけると思いますが、本当にお金がないからといって、保険屋さんに「本当にお金がないんです」なんて言いませんよね?

その積立型の商品のことを知らないだけで、知っていたら、もの凄く興味があった、という可能性だって、十分あるのです。

現に私も先日、医療保険、がん保険、死亡保険とセットでご加入いただいた方がおりました。

その提案が終わったところで、この様な商品もありますと、積み立て型の商品をご案内したところ、あっさりとご加入いただけました。

しかも、医療、がん、死亡を併せた保険料より、積み立て型1本の方が大きくなってしまいました(笑)

これを、医療もがんも死亡も入っていただいたから、もう金額的にも厳しいし無理だろう、と思い込みご案内しなかったら、大きなチャンスを逃しました。

飛び込みなどでもそうです。

失礼ながらボロボロのお宅があり、この家はお金がないから保険は無理だろうなんて思いこみ、飛ばしてしまうと、大きなチャンスを逃すことになります。

実際、私もこの仕事を始めて、初めて飛び込みでご契約いただいたのは、その様なお家の方でした。

チャンスなんて、どこに転がっているか分からないのです。

ご案内するだけでチャンスが増えるのならば、ご案内するべきです。

ご案内した上で興味がなかった、断られたのならば、それはそれで何の痛手もありませんし、判断がついて良いのですからね。

チャンスは至る所にありますが、探そうとしなければ見つかりません。

声がけする、案内するというのは、自分でチャンスを探すための行為です。

それだけで拾えるチャンスは増えるのですから、手を抜かずに、丁寧に行うことが大切です。

ちなみに、逆に積み立て型、貯蓄型商品にしか興味がないという方に、がん保険などをお勧めする場合には、この様な話法が有効になります。

常に総合的な提案をするという意識を持っておきましょう。

それでは今日も、頑張って行きましょう!