保険営業 有効!飛び込みでも使える、再訪しやすくなる簡単な一言

今日は、飛び込みでも使える、お客さんのお宅へ再訪しやすくなるコツを一つ、ご紹介いたします。

飛び込みの場合、初回訪問から話が進み、面談、契約まで至ることは、まずありません。

ほとんどの場合、何度か訪問し、あなたを覚えていただきながら、情報提供でお客さんを育てて行くという行程が必要になります。

その際に大切なのは、お客さんとの接触回数です。

何度も顔を出し、距離を縮めて行き、信頼していただくことが必要になります。

その訪問で大切なのは、しつこく詰めないことです。

グイグイ話をして来る営業に、お客さんは警戒心と、不快感を持ちます。

ですから、サラッと話し、回数を増やします。

嫌な気持ちにさせなければ、再訪しやすくなりますからね。

グイグイ詰めたら、次は会っていただけません。

これが、再訪しやすくするためのポイントです。

その上で、一つコツがあるのです。

それは、

「また来ますということを伝える」

単純ですが、これが効果的です。

去り際、お客さんにお礼をお伝えするときに、

「またお邪魔させていただきます」

ということを、お話ししておくのです。

この一言の効果は、お客さんに心の準備をしていただけるのです。

また来るのだから、また話を聞いてあげなければならないと、何となく思っていただきます(笑)

そして、お客さんの興味が育って来ると、お客さんの方で、質問の準備をしてくれるようになります。

「次に来た時に、これを聞いて見よう」という準備が出来るのです。

そうしないと、「何か気になる点などございませんか?」と聞いても、咄嗟に出てこないんですね。

ですから、「特にないです」という答えしか返って来なくなるのです。

また、営業側からしても、また来ますとお話ししてしまうことで、気持ち的に再訪しやすくなりますよね。

暗に了承をいただいたことになりますからね(笑)

たった一言、簡単な一言ですが、とても効果的ですから、早速使って見てください。