保険営業 有効!飛び込みではこの一言を加えると警戒心が弱まります。

月初が連休でしたので、今日から11月の活動開始と言う方も多いかと思います。

しっかり頭を切り換えて、休んだ分を回収する気持ちで頑張りましょう。

実はこの様な月初、あまり好きではありません(笑)

本題です。

今日は、飛び込みの際に、お客さんの警戒心を和らげる一言を、ご紹介いたします。

飛び込みで断りの入る一番の理由は、お客さんの警戒心が強いためです。

誰でも初対面の人間、ましてやスーツ姿の人間には警戒心を持ちます。

ですから、初回訪問で断りを受けるのは、ある程度仕方のないことです。

いかに2回目の訪問に繋げられるかが、大きなポイントになります。

さらに、2回目、3回目と訪問し、あなたを覚えていただき、警戒心を弱めて行く。

ですから、接触回数を増やすということが重要になるのです。

まずは、お客さんの警戒心を弱めることがポイントとなります。

その警戒心を弱めるのに有効な一言が、

「皆様にご案内させていただいております」

という一言です。

要は、狙い撃ちで回っていて、しつこくされるのでは?という気持ちを弱めるのです。

みんなに案内だけしている営業だと思わせるのです。

この様なお話をすると、業務的で逆効果なんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし、いきなり狙いを定めて来られたと思うと、お客さんは強く警戒します。

ですから、気軽に関心を持っていただけるような案内をしてから、少しずつ踏み込むのです。

いきなり狙いを絞って警戒され、門前払いで次回に繋がらにのでは意味がないですからね。

分かりやすい例ですと、

「おめでとうございます!あなたはご当選されました!今すぐこの資料をご覧ください!」

というものでは、怪しさ満点ですよね(笑)

一気に警戒心が高まります。

読むにしろ、聞くにしろ、最初から疑いを持ってしまっているのです。

ですから、

「これは皆さんにご案内させていただいているものです」

という意識付けをしておくのです。

そうすると、次回訪問した際にも、何かの案内を持って来てくれたと思い、また会っていただける可能性が高くなります。

まずは警戒心を取り除くことを意識して下さい。

ただし、ある程度距離が縮まったら、逆になります。

「このチラシですが、もしかしたら〇〇さんのお役に立つのではないかと思いまして、お持ちしました」

この様に、大勢の方に配っているのではなく、「あなた」にお持ちしましたよ、と思っていただくことが大切になります。

要は、特別扱いです。

警戒心が無くなり、距離が縮まったら、今度は「わざわざ私のために」と、思っていただきましょう。

警戒心を持たれないように種まきをして、距離を縮め、芽が出たお客さんには集中的に肥料を与えるというイメージです。

また、警戒心を持たれないようにするには、以前にもお話しした、この話法も効果的ですよ。