保険営業 有効!面談でお客さんの緊張感と警戒心を取る話法

今日は、面談でのお客さんの緊張感と警戒心を取る、有効話法を一つ、お話しさせていただきます。

面談というものは、お客さんにしたら、ちょっと緊張するものです。

そして、少なからず警戒心というものを持っております。

その警戒するものの一つが、

「営業の都合の良い商品を売りつけられるのではないか?」

ということです。

例えば、「自分には最適ではないのに、営業の利益になるような保険ではないだろうか?」

「本当にこんなに保障は必要なのだろうか?営業の成績になるから?」

なんて思いもあるんですね。

おかしな言い方ですが、信頼関係がしっかり築けていないうちは、疑ってかかろうという思いがあるものなのです。

この様な警戒心が強いうちは、いくらお話ししても、集中して考えることが出来ないんですね。

ですから、この警戒心を和らげておくことが大切になります。

その様な緊張感と警戒心を取るには、この様なことを面談の最初にお話しして見ましょう。

「まずは○○さんに最適な保険を組むために、○○さんのお話をお聞かせください。

私は決して○○さんに合わないような保険や、必要のない保険をお勧めしたりしません(笑)

どうぞ安心してお話しいただき、私のお話をお聞きいただければと思います」

この様な話をします。

たったこれだけ、当たり前のことをお話しするだけでも、お客さんの気持ちは楽になるものなのです。

気持ちが楽になると、「話す態勢」「聞く態勢」が出来ます。

面談の進めやすさに大きな差になりますから、面談のはじめには、まずこの様なお話をして見てください。

また、こちらの話法も非常に有効ですから、併せてご覧になって見てください。