保険営業 有効!面談でお客さんの満足感を上げるテクニック

昨日は大き目の契約をいただけました。

お盆休み前に、この数字は大きいです(笑)

休みに入る前に、目標達成する勢いで頑張ります。

本題です。

今日は、お客さんとの面談で、満足感を上げるテクニック、コツについて、お話しさせていただきます。

お客さんとの面談では、様々なお客さんの考え、ニーズなどをお聞きする事になります。

商品や必要性についても、お客さんはお客さんの考えをしっかり持っています。

そして、我々営業も、それぞれの考えを持っています。

当然、両者の考えにもズレがある訳です。

ここで、大切なポイントがあります。

「お客さんの考えを、頭から否定しない」

ということです。

当然の事ですよね。

誰だって、自分の考えを否定されたら、嫌な気持ちになります。

ですから、絶対に頭から否定しない事が大切です。

しかし、明らかにお客さんの考えは違うという場合や、自分の考えを伝えたい時には、一つクッションを置いてください。

「お客さんの考えを受け止めてから、返す」

ということです。

例をあげると、

「そうですね、○○さんの仰るとおりです。ただ、この様な考えも出来るのではないでしょうか。」

その後に、自分の考えをお話します。

そうすると、お客さんも自分の考えを肯定された上でのことなので、素直にアドバイスとして聞いてくれるんですね。

頭から否定されれば、気分が悪いですから、反発する気持ちが強くなってしまうのです。

これらを考えると、お客さんの気分が良くなるポイントも見えてくるかと思います。

そのポイントは、

「大きく共感されること」

です。

「○○さんの仰るとおりですね!」

「流石ですね!仰るとおりです」

「その様な考え方も出来ますね!勉強になります」

この様なことを言われれば、誰だって気分が良いわけです(笑)

気分が良くなれば、どんどん話も続きますから、さらに満足感を高める事が出来るんですね。

お客さんが満足すれば、次回面談のチャンスも、ご契約いただけるチャンスも、大きく広がります。

お客さんの気分が良ければ、満足感も上がります。

満足感が上がれば、チャンスも広がります。

何をされれば気分が良いのか、お客さんの立場で考えて見てくださいね。

こちらも、お客さんの満足感を上げるポイントですから、併せてご覧になって見てください。