保険営業 有効!消費税増税に合わせたアプローチ話法

今日は、消費税増税に合わせたアプローチ話法を一つ、お話しさせていただきます。

実は、かなり前から研修ではお教えしていたのですが、こちらで書くのを忘れておりました・・・。

間もなく増税ですが、増税後にも使える話法もご紹介いたしますので、ご勘弁ください(笑)

今回の増税で、直接的に保険料が上がるということはありませんが、いずれ保険料改定何てことになるかもしれませんね。

しかし、今回お話しするアプローチは、保険料が上がるかもしれませんよ、ということをポイントにしたものではありません。

消費税増税に合わせ、雑誌やテレビなどでも、何を買いだめしておいて、何は買いだめしない方が良いなどという話題が一杯です。

買いだめする商品で多いのは、トイレットペーパーや洗剤、しょう油、酒、たばこなどのようです。

私もすぐになくなるお酒は買っておきましたが(笑)

消費税増税にしても、買いだめにしても、主婦の皆さんは特に、色々考えているのでしょう。

これを、アプローチのポイントにします。

この様な感じです。

———–

「〇〇さん、いよいよ消費税増税ですね。

3パーセント増税されるだけでも、やはり長期的に見ると、かなり大きな金額になります。

私も色々買いだめしましたが、○○さんも買いだめされましたか?(笑)

しかし、買いだめしても、ちょっとは節約になるかもしれませんが、それは一時のものなんですよね。

買いだめした商品が無くなれば、また買わなければなりませんから。

それでも皆さん、少しでもお得にと、色々考えるわけです。

しかし、ここで気になることがあるんです。

皆さん、少しでも節約しようと考え、増税前の買いだめなどを考えるのですが、保険についてはあまり考えないという場合が多いのです。

買いだめで一時、数百円削ることはしても、毎月支払う保険料は、良く分からないまま払い続けるのです。

買いだめは、ほんの一時、大きな金額にはならないのに、一生懸命考える。

保険料は、これから長く掛け続け、しかも大きな金額の差になる場合が多いのに、そのまんま。

これ、おかしな話だとは思いませんか?

一番節約効果が高いのは、保険なのです。

ですから、節約で一番最初に考えるべきは、保険です。

増税で出費も増えますから、この機会に保険の無駄がないか、確認して見ませんか?

———–

この様なアプローチです。

見直しをすることのメリットを感じていただく、という話法です。

数字を入れるというのも有効です。

増税されると、毎月これだけ出費が増えるということをお話ししたり、保険料を毎月○○円削ることが出来れば、1年でこれだけの差が出ますよ、という例を出したり。

数字になると、お客さんはよりメリットを感じやすくなります。

この話法ですが、増税後も使えます。

「増税されて、やはり出費は増えましたか?

3パーセントのアップでも、かなり違いますよね。

買いだめしておいたものも、もうなくなってしまいました・・・」

この様な話をして、同じように繋げれば良いのです。

雑談からも繋げやすい、この時期に非常に有効なアプローチ話法ですから、ぜひ使って見てください。

ちなみに私のマニュアルですが、この様なアプローチ話法も、沢山ご紹介しております。

なかなか上手くアプローチ出来ない、アプローチの成功率が低いという方は、きっとお役立ていただけます。

もちろんアプローチだけではなく、アポ取り、面談、クロージングから紹介獲得まで、沢山の実戦型ノウハウを詰め込んでありますので、トータルでググッとスキルアップ出来ますよ。

ご興味のある方は、こちらをご覧になって見てください。