保険営業 有効!効果的に飛び込み営業力を上げる方法

今日から8月です。

今月はお盆休みがあり、活動日数が少なくなります。

そして、確実に連休前後はお客さんの動きが鈍ります。

連休前のソワソワ感と、連休後の休みボケのせいです(笑)

ですから、行けそうな案件は出来るだけ早く、連休をまたいでしまう場合は、必ず連休明けのアポを取ってくださいね。

しっかり頭に置いて準備しておかないと、必ず数字が落ちますから、ご注意ください。

本題です。

今日は、飛び込み営業力を上げる、効果的な練習方法について、お話しさせていただきます。

飛び込み営業と言うと、ほとんどの方が嫌い、苦手という思われているのではないかと思います。

飛び込みが嫌いな理由は、お客さんからの断りが多いからでしょう。

一生懸命に、商品を提案しようと頑張っても、話も聞いてくれない。

断りの連続で、気持ちが落ち込んでしまい、続かなくなる。

その繰り返しで、自信もなくなって、結局飛び込みが苦手なままになってしまうんですね。

残念ながら、これを繰り返しても、なかなか力がつかないのです。

しかし、同じ断られるにしても、力はつけられるんですね。

その練習の一つが、

「断り文句を集める」

と言うことなのです。

圧倒的に断りの多い飛び込みですが、この断りで言われることは、実はそれほど多くの種類がありません。

例えば、

・ 今忙しいので

・ もう保険には入っていますので

・ 間に合っています

・ 結構です

・ 来客中ですので

・ 資料だけポストに入れておいてください

などなど、どれもよく耳にする断りではないでしょうか?(笑)

この様な断り文句を、いくつも集めてみてください。

1軒1軒集めれば、結構すぐに多くの断りが集められるかと思います。

そして、この断りをまとめて、切り返しを用意するのです。

今忙しいと言われたら、こう切り返すという、切り返し話法を用意します。

5、6種類でも、この切り返しを持っていると、今までの飛び込みとは違う手応えを感じられるはずです。

断られたからすぐに引き下がってしまうのではなく、一つ会話を繋げられますから、一歩前に進めるんですね。

これが突破口になることも多いのです。

こういった練習を重ねることで、飛び込みの精度が上がってきます。

そうすると、断りも今より少なくなりますし、見込み客も、より見つけられるチャンスが増えるんですね。

ただ断られたと帰ってくるのではなく、次に行かせる練習にしてみましょう。

飛び込みでは、経験が大切になりますから、まずは行動してくださいね。

失敗も成功も、全てが経験となり、あなたの実になりますから。

また、練習も大切ですが、短期間で、しっかり数字をあげながら飛び込み営業力をつけるには、こちらをご覧になってみてください。

最初から売れる飛び込み方法を身につけられますから、結果を出しながら成長出来ます。

飛び込みは、売れ始めると楽しくなってきますよ。

私の研修に参加して下さっている新人さんは、飛び込みが好きになって来ています(笑)