保険営業 有効!会話の練習と印象付けが同時に出来ます。

● 保険営業 有効!会話の練習と印象付けが同時に出来ます。

おはようございます、加藤です。

今日は、会話の練習と、印象付けが同時に出来る方法について、お話しさせていただきます。

飛び込みなどでもそうですが、初対面の方とお話しすることが苦手、緊張するという方は多いと思います。

挨拶、自己紹介したは良いが、その後が繋がらない。

この様な方は、練習次第ですぐに改善できますから、是非練習してみてください。

その練習とは、

「一言付け加える」

これだけです。

はじめから会話を途切れさせずに話すことを目標にしなくても結構です。

まずは一言で良いのです。

例えば、

「はじめまして、○○と申します。今日も朝から暑いですね。」

「今日はどんよりとスッキリしない天気ですね。」

この様な天気の話などは無難です。

しかし、相手の印象には残りません。

そこで、ちょっと照れくさいかも知れませんが、相手の良い所を褒めてください。

あなたが第一印象で感じた事でかまいません。

「笑顔がとても素敵ですね。」

「とても心地良いお声ですね。」

「素敵なスーツですね。」

などです。

人は、自分のことを褒めてくれる、嬉しいことを言われると、印象に残るものなのです。

この「褒める」ことは、会話の練習と印象付けが両方出来ます。

このようなことで、話のきっかけが出来ると、自然に次へ繋がる会話が出来てきます。

慣れてくれば、意識せずに話せるようになります。

おかしな話ですが、友人と話すのに緊張しない、無理に意識して話さないように、慣れてくれば、お客さんとも自然に話が出来るようになるものです。

そのためには、経験を積むこと。

数をこなして慣れることです。

まずは一言加える。

慣れてきたら二言加える。

そして会話を繋げていけば良いのです。

実はこれ、スムーズにアプローチするためにも大切なことになります。

スムーズな会話が出来なければ、スムーズなアプローチも出来ませんからね。

会話に慣れて、自然な流れでしっかりアプローチできるようになれば、チャンスもどんどん増えます。

こちらの方も、そのチャンスをものに出来ていると言う事ですね。

営業は、会話も出来ないのでは話になりません。

しかし、ただ会話が出来たからと言って、売れるようにはなりません。

しっかりアプローチ出来る会話が必要なのです。

ですから、会話が苦手だという方は、まずは会話出来るようになってください。

同時に印象付けも出来る方法ならベストですね。

それでは今日も、頑張って行きましょう!