保険営業 有効!たったこれだけで好印象です。

今回は、簡単ですが、とても好感を持っていただける、ある行動について、お話しさせていただきます。

飛び込みを例に考えて見ましょう。

個人のお客さんのお宅に飛び込む際、アパートやマンションは別ですが、敷地から玄関まで距離がある場合が多くあります。

ちょっとした庭を通って玄関、というお家も多いですよね。

ここで、売れる営業さんと、売れない営業さんに、違いが出ます。

売れない営業さんは、何もせずに、そのまま突っ切って玄関に向かいます。

売れる営業さんは、その場で一礼してから、玄関に向かいます。

たったこれだけですが、お客さんの受ける印象は、全く違うものになります。

そんなのお客さんは見ていないだろうと思われるかもしれませんが、意外と私たちは見られているものです。

あなたがお客さんの場合を考えて見てください。

茶の間でくつろいでいて、誰か敷地に入って来たようだと思ったら、見ますよね?

営業側は家の中は見えないかも知れませんが、家の中からは良く見えるものです。

ですから、常に見られているということを意識しましょう。

誰だってそうですが、見ず知らずの人間がいきなりズカズカと敷地に入ってくるというのは、良い気持ちはしないものです。

しかし、きちんと敷地に入る際に礼をして来たら、それだけで他とは違うと思っていただけます。

飛び込みの営業にしても、しっかり礼節のある、誠実な人間だと思っていただけます。

この印象の違いは、非常に大きいものです。

好感を持っていただければ、次に繋がるチャンスになりますからね。

また、これは敷地に入る時だけではありません。

敷地から出る際にも、しっかり一礼して下さい。

これもお客さんは、しっかり見ています。

玄関でお礼を伝え、礼をするのは当たり前です。

敷地から出る際にも礼をするというのが、他との違いになります。

企業訪問でも同じです。

大きな会社の場合、入り口から受付まで距離があります。

ですから、入り口で一礼して、受付で礼をする。

帰る際も、受付に礼をして、出口でも礼をする。

これが基本です。

営業で大切なのは、誠実さを感じていただくことです。

その為には、やはり言動というものが重要になります。

お客さんの立場に立って、何をされれば誠実さを感じ、好感を持たれるのかを、いつも意識しておきましょう。

そして、それを感じていただける行動をするのです。

それが、「魅せる行動」になります。

そして、魅せる行動が、人としての魅力、「人間力」になります。

この「魅せる行動」ですが、私のマニュアルでも、章を設けて沢山ご紹介しております。

保険営業で大切なのは、商品よりも、営業自身ですから、魅せる行動が出来れば、どれだけ有利かお分かりいただけると思います。

魅せる活動が出来れば、お客さんの反応は大きく変わります。

マニュアルでは、飛び込みでのアプローチ、話法、面談はもちろん、魅せるテクニックなども、しっかり解説してありますので、総合的なノウハウを身につけることができ、スキルアップ出来ます。

私の保険営業ノウハウを詰め込んだマニュアルは、こちらです。

どれだけお客さんの反応が違うか、実感して見てくださいね。