保険営業 有効!これを集めると大きな武器に変わります。

● 保険営業 有効!これを集めると大きな武器に変わります。

いつもありがとうございます、加藤です。

今回は、日頃の活動で、ぜひ行っていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

特に、テレアポや飛び込みをする新人さんにお勧めです。

最も行いやすい、飛び込みを例にして見ます。

飛び込みをしていれば、スムーズに話を聞いて下さる方よりも、断られることの方が、圧倒的に多くなります。

特に初回訪問では、断りが増えます。

これは、お客さんがあなたを知らないために、警戒心があり、反射的に断りを入れるからです。

ですから、何度も訪問し、あなたを覚えていただき、警戒心を取って行くことが大切になります。

誰が行っても、初回訪問で断りが多くなるのは当然ですから、落ち込む必要はありません。

断られる際の、断り文句ですが、色々あります。

「忙しい」

「保険はもう入っている」

「興味がない」

「一杯入っているから要らないよ」

「余裕がないので」

などなど。

しかし、何軒も回っているうちに気が付くはずです。

実はこの断り文句、それほど多くの種類はありません。

ほとんどパターンが決まっているのです。

ですから、これらの断り文句の切り返しを用意しておけば、ある程度の対応が出来るようになるんですね。

その切り返しを用意するために、言われた断り文句を集めておくのです。

メモ帳でも持って、断りパターンを分けて、集めてください。

多くの断りを受ける飛び込みですから、あっと言う間にデータが集まります(笑)

そして、それを分析し、対応話法を考えるのです。

その上で、一人ロープレなどをしておくんですね。

切り返し話法が増えるということは、あなたの武器が増えるということです。

折角断られるのですから、それを武器に変えてしまいましょう(笑)

さらに経験を積めば、切り返しに対する断りの切り返しなども用意することが出来ますよ。

断りをただの失敗と考えず、次に活かす経験と考えてくださいね。

また、私が書き上げたマニュアルには、この様な切り返しも、色々ご紹介しております。

アプローチの章と併せてご覧いただくことで、より実戦的な流れを組み立てることが出来ますので、大きな力になると思います。

ちょっとボリュームがありますが、どれも非常に有効なノウハウですから、本気で頑張る!という方は、ご検討ください。

私の保険営業ノウハウを詰め込んだマニュアルは、こちらです。