保険営業 有効!お客さんに「得」を感じていただけるアプローチ話法

今日は、保険商品をお客さんにアプローチする際の、効果的な話法を一つ、ご紹介いたします。

これまでもお話ししてまいりましたが、お客さんが保険に関心を持つのは、「メリット」と「必要性」を感じた時です。

今回の話法は、この「メリット」「得」を感じていただくためのものです。

ご存知の通り、日本人のほとんどは、何らかの保険に加入しています。

ですから、我々が相手にするお客さんも、当然見直しからの乗り換えという方が多いわけです。

医療保険などの場合を例にしても、既に何らかの医療保険には加入しておりますから、そのまま「この様な医療保険はいかがですか?」何て言っても、関心は持たれ難いのです。

「もう入っているから要らないよ」という頭があるんですね。

しかし、加入はしているが、自分の保険をしっかり理解し、納得、満足して加入している方がどれだけいるのか。

これは、思ったよりもずっと少ないものなのです。

理解も納得も満足もしていないので、それよりも良い保険ならば、簡単に乗り換えて下さるのです。

ですからポイントは、「こっちの保険の方が良いと思いませんか?」という事を伝え、「どれどれ?」と、興味を持っていただくことなのです。

その際に有効な話法が、

「今加入している保険と、ぜひ比べて見てください」

と言う話法です。

これを、ちょっと自信あり気に話します(笑)

「恐らくこちらの保険の方が良いな!と、思っていただけると思いますよ」

「そう言って下さる方が、とても多いんですよ(笑)」

「ご興味がございましたら、お気軽にお声がけ下さいね」

「またお邪魔させていただきます」

この様に繋げ、サッと退いて来ます。

全然売り込み臭くないでしょう?(笑)

お客さんからすれば、「そんなに自信のある商品なのか?」と、興味が出るのです。

乗り換えた方が得なのか?と、思ってくれるんですね。

得を感じれば、商品に興味が出ますから、チラシやパンフレットなども、見て下さるようになります。

メリットも必要性も感じていない状態でパンフレットなどを置いて来ても、そのままゴミ箱直行になりますからね。

この話法、簡単ですが非常に効果的ですよ。

「メリット」や「必要性」を感じていいただけるアプローチが出来ると、お客さんの反応は、大きく変わります。

今回ご紹介した様なノウハウも、メールセミナーで、どんどん配信してまいります。

メールセミナーはご登録いただかないと、バックナンバーがご覧いただけませんので、他のノウハウもご覧になりたい方は、ご登録くださいね。

メールセミナーについては、こちらをご覧ください。