保険営業 有効!あなたの熱意と誠実さを感じていただける話法

10月も後半戦ですね。

取りこぼしのないよう、しっかり計画的に行動しましょう。

今日は、お客さんに、あなたの仕事に対する熱意と誠実さを感じていただける話法を一つ、ご紹介いたします。

これまで何度も、保険は商品だけではなく、あなた自身とセットで販売するものだとお話ししてまいりました。

お客さんは、商品が良いというだけで契約するのではありません。

あなたに任せても良い、任せたいという気持ちがあって、契約して下さるのです。

ですから、いくら商品が良くても、あなたを気に入ってくれなければ、なかなかご契約いただけません。

また、仮にご契約いただけたとしても、あなたに満足していなければ、すぐに乗り換えられてしまいますし、下手をすれば、早期解約になってしまいます。

そしてあなたに満足していなければ、当然紹介や追加契約もありません。

お客さんは誰かに紹介する際、商品が良いから紹介するのではなく、あなたに満足し、あなたを紹介するのですから。

ですから、商品だけではなく、あなた自身を気に入っていただくことが大切になります。

では、どの様な営業に、お客さんは好感を覚えるのか。

当たり前ですが、人としての魅力がなければなりません。

その魅力を上げる、大きな要素が、

「仕事に対する熱意」

です。

保険でも、ただ理由もなく保険営業をしている人間より、なぜ保険と言う商品を皆様にお勧めしているのか、理由が明確な人間の方に、魅力を感じますよね?

私の場合も、実体験で本当に保険の重要性を感じたため、皆様にご案内させていただいております。

この熱意や誠実さを、お客さんに感じていただける話法があります。

「私はお客様に、安心と満足をしていただくためのお手伝いをさせていただいております。

お客様にとってベストな保険の提案と、行き届いたアフターフォローが出来るよう、誠心誠意頑張っております。

そうでなければ、我々保険営業の意味と価値がありません」

この様なお話をするのです。

お客さんは、自分の保険をこの営業に任せても大丈夫なのか?最後まで面倒を見てくれるのか?という不安があります。

どうせすぐに辞めて行くのでは?という不安があります。

その不安を、この様なお話をすることで、取り除くんですね。

要は、「この営業に任せておけば安心だ」と思っていただくのです。

さらに、この様なお話をし、あなたの仕事に対する熱意を感じていただけると、あなたという付加価値が付くのです。

この付加価値は、保険料以上のものになります。

ですから、保険料の安い通販型保険に対抗出来るんですね。

あなたに価値がないと思われれば、あとは保険料勝負何てことになってしまいますからね。

また、この様なお話をするということは、あなたにも大きな決意と、最後までやり抜く強い気持ちが必要になります。

口だけで何のフォローもしない、すぐに辞めてしまう様な決意ならば、この様なお話しは絶対にするべきではありません。

自分の言葉に責任を持って、お客さんにお話しして下さいね。