保険営業 有効!「話だけ聞いて見たい」というお客さんを取りこぼさない話法

お客さんの中には、契約するかは分からないが、話だけは聞いて見たい、という方もおられます。

自分では保険の内容も良く分からない、どの様な保険に入れば良いのか、良く分からない。

ですから、専門家の話を聞いてから、商品は自分で選びたいんですね。

保険屋さんから知識を得て、後でゆっくり考えて、商品は自分で選ぼうという気持ちがあるのです。

この様なお客さんの場合、ただお話しして帰って来れば、そのままお客さんは自分で考え、どこからか申込書を取りつけて、契約してしまいます。

これはもったいないですよね。

こちらも時間を割いて、色々お話しさせていただいたのですから、やはり自分にお任せいただきたいものです。

この様な機会損失を防ぐには、お客さんに、「あなたに任せることで得られるメリット」これを感じていただきましょう。

例えば、

「○○さん、今回は、保険の内容やポイント、保険選びで重要なことなどを、お話しさせていただきました。

どうぞご参考になさって下さい。

ただ、やはり保険は簡単なものではありませんから、慎重にお選びください。

分からないことなどございましたら、いつでもご連絡ください。

また、加入してからも、分らないことは沢山出て来るかもしれませんし、時々での確認や見直しも必要になります。

私はその様なフォローに力を入れておりますので、お任せいただければ、安心してご継続いただけると思います。

ご加入の際には、ぜひお声がけ下さい」

この様なお話をします。

この営業さんに任せれば、しっかりフォローしてくれるから、安心して入っていられるということを、感じていただきます。

それを感じていただければ、自分で考えて、良く知らない保険屋から契約するよりも、この営業さんに任せようと思うのです。

この話をするかしないかで、チャンスを拾える確率は大きく変わります。

何もお話しせずに帰って来れば、チャンスは流れてしまいますから、保険は検討しているが、契約にならなかったという場合には、必ず意識して、話して下さいね。