保険営業 有効!「今忙しい」という断りの対処法

今日は、日頃の活動でよく耳にする、ある断りの対処法を一つ、ご紹介いたします。

保険営業をしていると、必ずお客さんから受ける断り。

飛び込みなどでは、特に断りを受けることが多くなります。

断りの種類は色々ありますが、その一つが、

「今忙しい」

というものです。

飛び込みしていれば、毎日耳にするでしょう。

今忙しいので~と、話も聞いていただけずに断られると、落ち込んでしまう方がおりますが、落ち込む必要はありません。

これは、ほとんどの場合、警戒心からの断りです。

あなたのことを知らないので、反射的に断っている場合が多いのです。

これは、どの様なベテランさんでも同じです。

お客さんがあなたのことを知らず、警戒心があれば、新人さん、ベテラン問わず断られます。

100パーセント話を聞いていただける何てことは、有り得ませんのでご安心ください(笑)

ただ、毎回ここで帰って来てしまっては、あなたのことを覚えていただけません。

ですから、まずはあなたのことを知っていただくということを意識して、行動しましょう。

では、実際に何をするか。

あなたの自己紹介書を、お渡しください。

難しい内容は必要ありません。

書くべきことは、

・ あなたの名前、会社名

・ あなたが出来る、お客さんの役に立てること

これが中心です。

あとは生年月日や出身地、趣味などで結構です。

この様な自己紹介書を作って下さい。

これは、保険会社などで用意しているチラシをお渡しする際も、一緒に渡してください。

毎回この自己紹介書を目にすることで、お客さんはあなたのことを、覚えてくださいます。

その様にして、少しずつお客さんの警戒心を解いて行きます。

同時に、情報提供のチラシなどをお渡しし、お客さんの関心、興味を育てて行きます。

これは、先日お話しした

職域営業での基本

と同じですね。

遠回りのように思うかもしれませんが、警戒心の強いうちに何を話しても、お客さんは聞く耳を持ちません。

「今忙しい」と言っているお客さんに、無理に話を聞いていただこうとすると、逆に売り込み臭いアプローチになり、ますます警戒心を強め、次に繋がらなくなってしまいます。

忙しいと言っているのに、グイグイ来る営業だな、なんて思われれば、印象が悪いですからね。

しつこく話を詰めようとせず、サラッとあなたを覚えていただくようにしましょう。

飛び込みが上手く行かないという方の多くは、1、2度の訪問で話を聞いていただき、面談まで進めようとしてしまいます。

それで上手く行かないと、そこで諦めてしまう。

ですから、お客さんが育たないのです。

とにかく足を使ってお客さんを見つけに行く、狩猟型になってしまうんですね。

狩猟型が悪いという訳ではないのですが、やはり安定した数字をあげるには、多くのお客さんを育てる農耕型の方が良いでしょう。

また、初回訪問で自己紹介書を渡して来ただけという場合は、再訪スパンも短くて結構です。

2、3日後に、また自己紹介書と情報チラシなどをお届けにお邪魔しても、大丈夫です。

逆にあまり間隔を空けてしまうと、お客さんが忘れてしまうこともありますからね。

しつこくせず、あっさりと、こまめに訪問して、あなたのことを覚えていただきましょう。

顔を覚えてくれて、警戒心が取れて来ると、話を聞いてくれる方も出て来ますよ。

何度訪問を繰り返しても門前払いされるような場合は、見切ることも出来るようになりますから、そのためにも、訪問を繰り返してください。