保険営業 成功率を上げるアポ取りのポイント

GWの切れ目ですが、お仕事の方は一緒に頑張りましょう。

私も普通に仕事です(笑)

今日は、アポ取りの成功率を上げるポイントについて、お話しさせていただきます。

アポ取りで大切なポイントは色々ありますが、今回はその一つです。

基本ですが、とても効果的なので、覚えていただければと思います。

まず、大まかな流れを覚えてください。

「お客さんにメリットを感じさせる話しをする」→「お客さんの興味が湧く」→「その方法、答えは面談で」→「アポ取り」

という流れです。

これを実際のシーンに当てはめて見ます。

営業「○○さん、実は保険料を月に1万円も減らせる場合があることをご存知ですか?」

お客さん「え?そんなに減らせるの?」

営業「全ての方が減らせるというわけではありませんが、大きく保険料を下げる事が出来る場合も多いんですよ」

お客さん「それはどういう場合なの?私も減らせるかな?」

営業「ではそのことについて、次回詳しくお話させていただけませんか?」

お客さん「そうだね、お願いしようかな」

営業「それでは明後日の午後1時ではいかがでしょうか?」

という感じです。

ポイントは、お客さんが興味を持ったところで、その場で答えを全てお話しないことです(笑)

興味を持っていただける話をするだけで、しっかり深い内容は、きちんと時間を取っていただき、面談の場でするのです。

簡単な話し、アポ取りの段階で答えを言ってしまい、お客さんの興味を満たしてしまうと、次回も会いたいという気持ちが落ちてしまうのです。

アポ取り段階で長くお話しすることは難しいですから、次に繋げ難くなってしまうんですね。

ですから、答えは次回お会いいただいた時なのです。

答えはCMの後で!の様なものです(笑)

つい気になって見てしまいますよね。

まずは興味を持っていただき、面談に繋げ、面談でより興味を持っていただける話をしてください。