保険営業 契約いただけなくてもチャンスはあります。

今日は、面談で、契約いただけなかった場合に、必ず行っていただきたいことについて、お話しさせていただきます。

保険営業の場合、面談まで進めることが出来れば、成約率はかなり高いものです。

もしもなかなか成約にならないという場合は、話の進め方や、ポイントがずれていることが考えられます。

※ 過去記事でも面談のポイントは色々書いておりますので、左サイドバーの検索窓からお探しいただければと思います。

しかし、お客さんにも考えや事情がある以上、やはり成約率100%にはなりません。

契約にならない場合も、当然あります。

その様なときに、ただ残念がって面談を終えるのではなく、最後に必ず行っていただきたいことがあります。

それは、

「ご契約いただけなかった理由を、お客さんにお聞きする」

ということです。

「もしもご迷惑でなければ、ご契約いただけなかった理由をお聞かせいただけませんか?

もしかしたら、問題を改善出来るかもしれません。」

「もしもご迷惑でなければ、ご契約いただけなかった理由をお聞かせいただけませんか?

今後のためにも、ぜひ勉強させてください。

という感じです。

契約しなかった理由を聞くなんて、なんだか気まずいな・・・と、思われるかもしれませんが、あなたならばいかがですか?

聞かれたからと言って、別に嫌な気持ちにもならないのではないでしょうか?

逆に、なぜ契約しなかったのか、どこに引っかかったのか等を、ストレートに話してしまうのではないでしょうか。

例えば、

「いや、大切なのは分かるんだけど、やはりその保険料は厳しいかと思いまして。

もうちょっと考えて見ます。」

と言うような理由が聞けた場合。

お客さんが気になっている部分を、改善出来ればチャンスになります。

保険料はちょっときついけど、やはり必要だと思っていただけるように、さらに継続して情報提供したり、保険料を安くしたプランをご提案したり、色々出来ます。

理由が分からなければ、想像して行動することになりますから、やるべき事がずれてしまったり、的外れなことをしてしまう可能性も出てきます。

ですから、お客さんに理由を直接聞いてしまうのが、一番良いんですね。

仮に改善してもご契約いただけなかった場合でも、今後のための勉強になります。

チャンスも掴め、成長も出来ますから、もしもご契約いただけなかった場合でも、その理由を聞いてみてくださいね。