保険営業 営業と釣り、こんな共通点があります(笑)

今日は釣りに行ってまいります!

という訳で、今日は釣りと営業の共通点について、お話しさせていただきます(笑)

今日の釣りは、釣りに行くときにはよくご一緒している相方と同行です。

この方は、私の釣り仲間であり、私の釣りの先生です。

私は、ヒラメ釣りも好きでするのですが、この方とお会いして釣り方などを教わるまでは、釣れたことがありませんでした。

仕掛けもエサも、ほとんど一緒なのに、私は釣れなくて彼は釣れる・・・。

結局何が違うのかを聞いたら、仕掛けを投げ入れる場所が違うとの事。

だだっ広い海ですが、その中でも釣れる場所というのがあるのですね。

当時の私は、ただ適当に遠くへ仕掛けを飛ばしているだけでした(笑)

ポイントを教えていただいてから、初めて釣り上げたヒラメは、今でも忘れられません。

同じ様に釣っていても、ちょっとした違いで、釣れる、釣れないがはっきり分かれるんですね。

実はこれ、営業でも同じです。

飛び込みにしても、同じ様に行っているのに、何故か結果に大きな差が出る。

しかし、よく見てみると、同じ様に見えて、行っている事が違ったり、細かい部分が違ったりしているのです。

この違いが、売れる、売れないの差になります。

結局、最短で結果を出すには、釣れる人、売れる人から聞くのが一番なんですね。

私の釣りも、彼に聞かなかったら今でも釣れていないかも知れません(笑)

自分で釣り方を考えて、やっと釣った魚も嬉しいでしょう。

それはそれで素晴らしい事かも知れません。

しかし、営業の場合は、数字をあげなければ続きません。

自分で考えている最中だから、数字はあがりませんという言い訳はきかないのです。

ですから、私はまず、正しい方法を身につけていただきたいのです。

そして、結果を出しながら、理屈、理由を考えていただきたいのです。

方法だけを知って、理由を知らないのではいけません。

理屈は知っているが、方法を知らないのもいけません。

どちらも大切なんですね。

今数字に悩んでいる方。

頑張っているが、どうも結果が出ないという方。

あなたのまわりの売れている営業マンをよく観察してください。

出来る事なら、お話して、売れる秘密を教えていただきましょう(笑)

釣りでも営業でも、しっかりした先生がいれば、グングン成長出来ますからね。

ただし、しっかり実績のある方を参考にしてくださいね。

知識だけで、実績が伴っていない方は、あまり参考になりません。

こちらの記事も非常に大切なことですから、御覧になって見てください。

それでは行ってまいります!