保険営業 営業と恋愛に共通する大切なこと

今回は、営業と恋愛に共通する、とても大切なことについて、お話しさせていただきます。

営業でも恋愛でも、上手く行くために大切なことは色々ありますが、その一つとして、

「相手に好感を持っていただく」

ということが、最も大切になってきます。

これがスタート、大前提ですよね。

営業がお客さんにお話を聞いていただくにしても、あなたのことをお客さんが気に入らなければ、いくら商品が良くても聞いてはくれません。

恋愛にしても、あなたに相手が好感を持ってくれなければ、いくら告白しても、断られるだけです(笑)

ですから、いつもどうすれば好感を持っていただけるのかを、考えて行動することが大切になります。

そして、人に好感を持っていただくには、なにが大切なのか。

これが、いつもお話している、「気遣い」なのです。

気遣い出来る人、気が利く人を嫌いな方はいないでしょう。

あなたも、相手からさりげない気遣いのあることをされれば、嬉しいですし、好感を持つのではないでしょうか?

売れる営業も気遣いが出来ますし、異性にモテる方も、また別な気遣いが出来ているものです。

ただ、営業では、この気遣いにもテクニックが必要になってきます。

ただの気遣いではなく、魅せる気遣いが必要なのです。

もちろん気遣いの行動は、お客さんのためにという気持ちから来る行動ですが、売れる営業は、お客さんに好感を持っていただくための、お客さんに気づいていただける、感じていただける行動が出来るのです。

言い方は難しいですが、押し付けがましくない、恩着せがましくないが、気遣いを感じられる行動が出来るんですね。

やってあげます、やってあげましたよ、何て行動は、お客さんには逆に不快感を与えてしまいますからね。

しかし、気づいてただけないのも、またもったいない話です(笑)

ですから、恩着せがましくなく、気づいてもらえる気遣いが大切です。

これらの行動も、お客さんの立場に立てば、ヒントが見えてきます。

あなたがお客さんならば、何をされれば嬉しいか。

何をしてくれる営業に好感を持つのか。

また、何をされれば嫌なのかを考えてみてください。

当たり前のことですが、お客さんには、自分がされて嫌なことはせず、嬉しいことだけをして差し上げれば良いのです。

今行っている活動が、お客さんにどの様に思われるのかを、お客さんの立場に立って考えてみてくださいね。

ちなみにこちらには、お客さんに好感を持っていただける、魅せる気遣いのテクニック、方法も詰め込んであります。

折角毎日、一生懸命に活動するのですから、お客さんに好感を持っていただける方法で活動しましょう。

見込み客の増え方も、全く違ってきますよ。