保険営業 営業が辛いと思った時に思い出して見てください。

● 保険営業 営業が辛いと思った時に思い出して見てください。

いつもありがとうございます、加藤です。

先日、新人さんから、この様なお話を聞きました。

「保険営業は、想像していた以上に大変な仕事ですね。

正直、このまま続けて行けるか不安です。」

この様に思っている方は、大勢おられるのではないでしょうか?

特に、毎日一生懸命に飛び込みをされている方は、この様に思うのも無理はありません。

ただでさえ新人さんは、慣れない飛び込み、手応えを感じない飛び込みをしている方も多いでしょう。

先が見えないのですから、このまま続けられる自信もないですよね。

その様な、「保険営業が辛い」と感じた時には、ちょっと思い出してみて下さい。

一生、今のままの活動を続ける訳ではありません。

一生、辛い飛び込みを続ける必要もありません。

きちんと仕組みを作ることが出来れば、紹介だけでも十分数字を作れますので、飛び込みを繰り返す必要はないのです。

保険営業で、一番大変なのは、最初の数年です。

この時点で、しっかり仕組みを作っておけば、後がグッと楽になります。

自転車もそうですよね?

最初の踏み出しは、重くて大変ですが、走り出してしまえば楽でしょう。

保険営業も同じです。

今は辛いかも知れませんが、後に楽に営業するための踏み出しなのです。

ただし、闇雲に行動しても、仕組みは作れませんから、注意が必要です。

先が不安な方は、たまに思い出してみてくださいね。