保険営業 保険営業は友達を無くす?大きな間違いです。

この時季になると悩まされるのが、静電気ですね。

一日に何度もバチッと来ますが、本当に鬱陶しいです(笑)

私のスーツは帯電しない加工がしてある生地で仕立てておりますが、それでも来る時は来ます・・・。

しかし、滅茶苦茶静電気に悩まされる年と、そうでもない年があるのはなぜでしょうか?

体質なども関係しているのでしょうかね?

不思議です・・・。

本題です。

この様なことを、よく耳にしませんか?

「保険営業は友達を無くす」

「保険営業は嫌われる」

だから辞めた方が良い。

ネットでも、この様なことを目にします。

実際保険営業をして見たが、上手く行かずに辞めて行った方々が、この様なことを言うのでしょう。

残念ながら、この様なイメージを持っている方が多いのも事実です。

しかし、これは大きな間違いです。

保険営業が嫌われる、友達を無くすのではなく、嫌がられる営業をするから、嫌われるのです。

保険に限らず、嫌がられるような営業をすれば、どんな職業だって嫌われますよ(笑)

「今中古車の販売をしているんだ。良い車があるから見てくれないかな?見積もりを持って来たからさ。この車はね~」

こんな車屋さんだったら、嫌ですよね?

必要ないものをグイグイ勧められたら、どんな商品の営業だって嫌なのです。

保険も同じです。

必要ないと思っている方に、グイグイ売り込むから嫌われるのです。

「今保険の営業をしているんだ。良い医療保険があるから話だけでも聞いてくれないかな?」

こんな話をしたら、嫌われて当然です。

あいつに会うと保険の話ばかりするから嫌だ、何て思われますよね。

しかし、

「今保険の仕事をしているんだ。何か力になれることがあったらいつでも相談してね」

こんな話ならばどうでしょうか?

売り込みではなく、ただ今行っている仕事についてお話しし、必要な時には声を掛けてとお知らせしただけです。

あなたが反対の立場で、それを言われて嫌な気持ちになるでしょうか?

嫌な気持ちになるどころか、何かあったら相談して見よう、声を掛けてみようと思うのではないでしょうか?

仲の良い友人ならば、尚更必要になった時には、こいつに頼もうと思いませんか?

保険の営業とは、どれだけ多くの方に、この活動が出来るかどうかがポイントなのです。

出来るだけ多くの方に、あなたが行っていること、あなたが出来ることを覚えていただき、必要になった時に思い出していただく。

これが大切です。

同時に、「必要だ」という気持ちを育てて行くことが必要になります。

売り込みなどしても、その気持ちは育ちません。

必要だという気持ちを育てるには、「情報提供」して行くのです。

売り込み臭さを出さず、「提供」に専念しますから、嫌がられることも無いんですね。

これが保険営業の基本です。

ここを間違えて売り込みばかりしていると、「保険営業は友達を無くす」何て言っている方々の様に、失敗してしまうんですね。

あなたの活動、売り込みになっていないかを確認して見てください。

こちらの記事も、併せてご覧になって見てください。