保険営業 使えます!飛び込みで非常に便利な一言

今日は、飛び込みで使える、非常に便利な話法を一つ、ご紹介します。

この話法、大きなメリットが二つあります。

一つは、今後も追うべきお客さんなのかを見極められること。

もう一つは、お客さんの本音を聞き出せるということです。

これだけでも、非常に有効なものだとお分かりいただけるかと思います。

その有効話法とは、

「ご迷惑ではありませんか?」

という一言です。

例えば、

「〇〇さん、いつもこの様な情報をお届けしておりますが、もしかしたらご迷惑でしょうか?」

という感じです。

ポイントは、ちょっと申し訳なさそうに聞くことです。

そして、初回訪問ではなく、何度か訪問した後に使うことです。

初回訪問での断りは、警戒心が強いため、反射的に断られることがほとんどですからね。

この質問をすると、反応は2通りです。

「迷惑です」「迷惑ではありませんが~」

というものです。

何度か訪問しても、「迷惑です」と言う方ならば、見切って次のお客さんを訪問しても良いでしょう。

この場合は、本当に必要ないと思っているお客さんです。

何も難しいお客さんを攻略する必要はありませんからね。

これが、メリットの一つ、「見極めの目安」になります。

さらに、もう一つのメリットである、「お客さんの本音が聞ける」というのは、「迷惑ではありませんが~」の後に、障害になっている理由が混ざるのです。

例えば、

「いや、迷惑ではないんだけど、保険には一杯入っているから、もう入れないよ?」

「いえ、迷惑ではないのですが、今はお金に余裕がないので・・・」

「いえ、迷惑ではないのですが、あまり興味がないので、いつも来てもらうのも申し訳ないよ」

などなど。

この答えは、結構本心なのです。

この様なお客さんの考えが分かれば、攻め口を変えられます。

お客さんに合わせたアプローチが出来るのですから、グッと有利になります。

たった一言ですが、大きなメリットがありますから、飛び込みの際に使って見てくださいね。

また、こちらも飛び込みで、とても有効な話法ですから、併せて使って見てください。