保険営業 サクサク飛び込み出来る方と、行動出来ない方の違いはこれです。

保険営業という仕事には、飛び込みはつきものです。

ちゃんと仕掛けが出来ていれば、徐々に追加契約、紹介メインに数字をあげられるようになりますが、追加や紹介の元になるお客さんが少ないうちは、やはり飛び込みは大切になります。

新人さんほど、お客さんを増やすための飛び込みが必要なんですね。

しかし、この飛び込みが、大きな大きな壁になります。

実際、ほとんどの方が、飛び込みでつまずいて、消えて行きます。

そして、ほとんどの方が、この飛び込みが大嫌いです(笑)

「ああ、明日も飛び込みだ・・・」「ああ、今日も飛び込みだ・・・」そんなことを思い、なかなか腰が上がらない。

やっと重い腰を上げたと思っても、ダラダラとやる気なく飛び込みしてしまう。

しかし、一部の方は、朝一からすぐに外に出て、サクサク回って来ます。

なぜ、この様な違いが出るのでしょうか?

性格の違いと思われるかも知れませんが、実はあまり関係ありません。

他の部分が、大きく違うのです。

それは、「慣れ」と「自信」です。

単純に、好きではない飛び込みでも、習慣化して、慣れているので、サクサク足が前に出るのです。

気まぐれで飛び込みする方や、避けて避けて、やっと腰を上げる方ほど、いつまで経ってもスタートが遅いのです。

そして、習慣化して、継続して活動することで、チャンスを拾い、成果を出せるようになります。

その成果が積み重なることで、飛び込みでちゃんと成果を出せるという自信がついて来ます。

動けばチャンスを拾える、成果を出せるという自信があるので、行動出来るのです。

しかし、腰が重い方は、毎回スタートが遅く、ダラダラと飛び込みし、継続的な活動が出来ず、成果が出ない。

ですから、飛び込みで成果を出せる気もせず、効果のないことを渋々やっている状態なのです。

希望を持てないので、飛び込みが苦痛でしかないんですね。

苦痛なので、継続出来ず、成果も出せず、また動けなくなるという悪循環にはまってしまいます。

そんなことをいつまでも続けても、飛び込みの苦手意識は消えませんし、成果も出せません。

飛び込みで成果を出すには、正しい方法で、ちゃんと継続して活動することが大切です。

方法を間違えていても、活動量が足りなくても、成果は出ません。

逆に、正しい方法でちゃんと頑張れば、誰でも成果は出せますよ。

そして、成果が出せるという自信が強くなれば、この様な状態になれるのです。

いつまでも腰が重くて活動出来ないという場合には、サッサと抜け出してしまいましょうね。