保険営業 アプローチでの掴みに有効な話法

今回は、アプローチで有効な話法について、お話しさせていただきます。

例えば、保険の見直しをアプローチする場合。

お客さんが見直しに興味を持つのは、

「見直しをすることで得られるメリット、得を感じたとき」

です。

そしてもう一つ、

「今の保険に不安や不満があるとき」

です。

この様なことから、

「保険の見直しをして、無駄を削り、保険料を下げませんか?」

「今加入している保険、将来はどの様な保障内容と保険料になるかご存知ですか?」

という様なアプローチをするわけです。

また、間接的にアプローチする話法としては、

「今の保険と比べて見てください」

この様な一言を、自信有り気に話すのです。

お客さんからすれば、「そんなに自信のある、良い商品なの?」という様に思います。

見た方が「得」だと思う訳です。

そして、逆に「不安」を感じていただくには、

「これ、知らないと損をするかもしれません」

という話をします。

話を聞いておかないと、「得」を逃して、「損」をすると思っていただくのです。

この話をしてから、見直しすることで得られるメリットと、しないことによるデメリットをお話しします。

これだけで、お客さんの関心が大きく変わって来ます。

これは、飛び込みなどでも非常に有効な話法です。

たった一言加えるだけですから、簡単で使いやすいですよ。

ぜひ実践していただければと思います。

この様なアプローチでの有効話法などは、

こちらにビッシリ詰め込んであります。

アプローチの章も設けておりますので、効果的な実戦型アプローチ方法を、しっかり学べます。

折角頑張って活動するのですから、しっかり反応の取れるアプローチをして見ませんか?