保険営業 アプローチでお客さんの警戒心を和らげる一言

● 保険営業 アプローチでお客さんの警戒心を和らげる一言

おはようございます、加藤です。

今日は、見直しのアプローチでも有効な、お客さんの警戒心を和らげる一言について、お話しさせていただきます。

例えば、この様な経験をされた方も多いかと思います。

飛び込みやテレアポなどで見直しをお勧めして、ちょっと考えてから断られるパターン。

一言目で断られるのではなく、「うーん・・・どうしようかな」という迷いがあってから、断りが入る。

ちょっと脈があった気がしたのに断られてしまうと、ガッカリしてしまいますよね(笑)

ではなぜ、この様な迷いが入ってから断られるのか。

それは、

「関心はあるが、話を聞いたらしつこくされそう」

「話を聞いたら、断れなくなりそう」

この様な思いがあるからです。

ですから、この様な考え、警戒心を取り除くことが大切なのです。

その様な場合に有効なのが、

「決してしつこい勧誘やお勧めなどはいたしませんので、ご安心ください」

「さあ!この保険どうですか?と言うようなお話ではございません(笑)」

「保険に加入してくださいというお話ではございません」

と言うような一言です。

単純ですが、この様な一言が、お客さんの警戒心を和らげます。

この一言も、チラシやハガキなどに書いても有効ですから、是非使ってみてください。

結構違いがお分かりいただけると思いますよ。

それでは今日も、頑張って行きましょう!