保険営業 これをしっかりしておくと、こんなに役に立ちます。

今日は、あることをしておくと、こんなに役に立ちますよ、というお話です。

これ、もの凄く使えますから、ぜひ習慣にしてください。

その習慣にしていただきたいこととは、

「お客さんの情報管理」

です。

この情報管理ですが、お客さんのお名前や生年月日、ご住所、家族構成などの基本情報のことではありません。

これは基礎情報になりますし、大切な個人情報ですから別にしっかり管理して下さいね。

情報管理なんて聞くと、何だか難しそうに思えますが、実は簡単です。

お客さんから得た情報を、メモしておくだけです。

例えば、趣味や好きなもの、服装の特徴などですね。

お客さんとお話ししていれば、色々と情報が入って来ます。

それらの情報をメモしておき、次回の面談や会話に活かすのです。

先日私が実際にお話ししたのは、お客さんのところの犬のことでした。

お客さんのお宅の玄関を開けたら、ワンワン吠えながら、勢いよくお出迎えです(笑)

その時に、

「おお!タロウくん、今日も元気だね」

ということを言いました。

それをお客さんが聞いて、

「加藤さん、よく名前を覚えていましたね」

と言われました。

この時に、お客さんはどの様な気持ちなのか。

私がお客さんの立場ならば、ちょっと嬉しくなってしまいます。

それは、大勢のお客さんの中の一人ではなく、私個人のことを、しっかり覚えていてくれたと思うからです。

要は、業務的な付き合いではなく、個の付き合いをしてくれるからなんですね。

これが、お客さんとの距離を縮めるのです。

これを、「名前は何ですか?」なんて、再度犬の名前を聞いたらどうでしょうか?

この前も言ったよ。適当に聞いていたんだな・・・。

なんて思ってしまいますよね。

そうならないためにも、そして、前回の会話を活かすためにも、しっかり情報を管理しておくことが大切になります。