保険営業 お客さんの満足に最も差が出るのはここです!

今日は、保険営業で、お客さんの満足に最も差が出るポイントについて、お話しさせていただきます。

ブログをご覧いただいている方は、もう分かったよ!と思われるかもしれませんが、保険営業で最も大切なのは、お客さんの満足感です。

何度も繰り返しお話させていただいておりますが、本当にこれが保険営業成功の重要ポイントなんですね。

お客さんが満足しなければ、追加契約も紹介もいただけないどころか、解約率も上がってしまいます。

常にお客さんの満足を考えて行動することが大切です。

お客さんに満足していただくためのポイントや行動は沢山あります。

お客さんの納得する、保険のプロらしい提案などもそうですね。

流石プロだね!と言われる知識を身につけ、アドバイスすることは大切です。

ただ、その様な営業も素晴らしいのですが、もっと重要なことがあるのです。

それは、「給付」の際に、いかに正確に、迅速に、誠実に行えるのかということです。

当たり前のことですが、お客さんは、何か起こったときのために保険に加入しています。

保険が生きるのは、何か起こった時です。

その何かが起こった時に、一番頼りにしていただけるのが、お客さんの保険をお任せいただいた、担当した営業なのです。

万が一の際に、どれだけお客さんに満足していただける行動が出来るのか。

これが営業マンの価値にもなります。

給付の連絡を受けたら、

・ 迅速に

・ 正確に

・ 誠実に

これをしっかり頭において行動してください。

ダラダラと時間をかけて手続きしたり、近くなのに郵送で済ませたり、書類が揃っていなかったりしないようにしましょう。

余談ですが、一つ愚痴というか、保険会社に言いたいことがあります。

代理店や社員を募集し、研修するのは大切なことですが、順番と力の入れ方を間違えていることが多いと感じます。

新人研修でまず教えるべきは、見込み客の見つけた方や契約をいただく方法ではなく、しっかりとした給付の知識です。

給付の方法も曖昧なまま、お客さんに保険をお勧めするなんて馬鹿な話はありません。

まずは商品知識や手続き方法などを、しっかり教えるべきです。

また、営業マンもそれらの知識をしっかり備える努力と意識が必要ですね。

「流石プロだね!」「任せて良かったよ!」と言っていただける保険のプロを目指しましょう。

こちらの記事も大切なことですから、併せてご覧になって見てください。