保険営業 お客さんに関心を持っていただく前振り話法

今日は、お客さんにアプローチする際に使いやすい、関心を持っていただくための前振り話法について、お話しさせていただきます。

飛び込みやテレアポなど、使えるシーンも多いですから、ぜひ試してみてください。

その前振りですが、

「これ、きっと○○さんのお役に立つと思うのですが~」

「こちら、もしかしたら○○さんのお役に立つのではないかと思いまして~」

というものです。

これは簡単な一言ですが、お客さんの関心は引きやすいんですね。

誰でも、自分にとって得、メリットを感じるものには、興味があるものです。

全く興味が無いのならば、営業の話など聞かずに断りが入りますが、興味があれば、話だけでも聞いてみようと思うわけです。

門前払いが少なくなれば、お客さんを育てるチャンスが増えてきますから、この最初の関心を持っていただくということが、いかに大事な事かお分かりいただけると思います。

簡単な一言ですが、大きく今後を左右する事もありますからね。

使えるシーンも、飛び込み、テレアポはもちろんですが、既契約のお客さんへの商品のご案内にも使いやすいです。

例えば、死亡保険や医療保険に加入されているお客さんに、積み立て型の保険や個人年金などをご案内する場合などですね。

「今日は、もしかしたら○○さんのお役に立つのではないかと思いまして、この様な商品(積み立て)のご案内をお持ちしました。

お時間がございましたら、ご覧になって見てください。」

というような感じですね。

この一言をお話しすることで、どこが自分の役に立つのだろう?という頭で見ていただけるんですね。

これは大きな違いになります。

ポイントは、お話しする際に、お客さんの名前を入れることです。

名前を入れることによって、より自分にとってのメリットということに意識が行きます。

飛び込みなどで、どうしても名前が分からない場合には、「お客様の~」などに置き換えて下さいね。

簡単ですが、効果的な一言ですから、ぜひ使ってみてください。