保険営業 お客さんに興味を持っていただくには、これが大切です。

今回は、お客さんの興味を引くためのポイントを一つ、お話しさせていただきます。

保険商品にしても、見直しなどにしても、まずはお客さんに関心を持っていただくことが必要になります。

特に飛び込みの場合は、いかにお客さんの関心、興味を引くかが大切なポイントになります。

1回の訪問ではそれほど関心を引けなくても、少しずつお客さんの関心を引き、育てて行かなければ、見込み客にはなりませんからね。

その関心を引くポイントの一つが、

「え?なに?」という疑問

です。

例えば、がん保険アプローチの一例ですが、

「がん保険はこんなに大切なんですよ。こちらの商品の特徴は~」

というよりも、

「今医療保険にご加入かと思いますが、もしかしたら、あまり必要ないかもしれませんよ?」

という話をした方が、お客さんは「え?なんで?」という疑問、関心を持ちます。

そこから高額療養費の制度や、先進医療の話しなどに繋げ、がん保険の必要性を感じていただくという流れが出来ます。

どちらも必要性を感じていただくと言うアプローチですが、後者の方が、お客さんの食いつきが良い場合が多いんですね。

まずはお客さんに疑問、関心を持っていただき、そこから入りましょう。

お客さんの関心がないのに、グイグイ入り込もうとしても無理です。

まずは切っ掛けの穴を開けて、少しずつ穴を大きくし、お客さんとの距離を縮めるということを意識してください。