保険営業 お客さんに喜んでいただける一言

今回は、面談で、お客さんに喜んでいただける一言について、お話しさせていただきます。

面談になると、お茶やコーヒー、そしてお茶菓子などを出していただける事が多いですが、ちょっと一言付け加えるだけで、お客さんはあなたに親しみを持ってくれます。

その一言とは、

「美味しいですね!」

これだけです。

あなたがお客さんの立場ならどうですか?

当たり前のようにお茶を飲む営業と、美味しいですねと喜んでくれる営業、どちらが嬉しいですか?

たった一言、美味しいですねと言ってくれるだけで、嬉しくなってきますよね。

その一言が、人間味を出し、親しみを感じていただく大切なものなのです。

これも、あなたを売るということです。

さらに、美味しいですね!に続けて、

「このお菓子、本当に美味しいですね、よろしければ、どちらで売っているのか教えていただけませんか?

妻にお土産で買って帰りたいんです。」

こんな風に言われればどうですか?

ますます嬉しくなってしまいますよね。

一言二言加えるだけで、一気に親近感は高まります。

この一言は、特に年配の方に喜ばれます。

年配の方は、飲み物にも食べ物にも、こだわりを持っていることが多いのです。

お茶は〇〇店のもの、お菓子は〇〇のものなど。

自分のこだわりのものを褒められると、誰だって嬉しいですよね。

そして、年配の方は、美味しい美味しいと、沢山食べてくれる事を嬉しいと思う場合が多いのです。

私も、もっと食べてと、どんどん勧められる事が多いです(笑)

お菓子などは、お土産でいただくこともあります。

そして帰り際、

「美味しいお茶をいただき、どうもありがとうございました。」

これで一気に距離が縮まります。

お客さんの心理を読み、喜ぶ事をする。

営業の大事なスキルです。

是非使ってみてください。

ちなみに、こちらの営業術は、お客さんの心理をついた、非常に効果的な営業方法を詰め込んであります。

簡単だが効果絶大の超実戦型営業術を知りたい方は、こちらを御覧下さい。

お客さんの反応の違いを実感できます。